エスリンの神殿

Top / エスリンの神殿

BACK:バルハール大坑道

ロンドエール [編集]

「作戦:神の洞」が終了するのと同時に、「作戦:氷海の聖域」が開始される。
ギルバロにエスリンの神殿についての詳しい話を聞くために、ミストアイルに向かう。

なお、マイと面談すると旧主の仇について相談される。
掲示板で「課題:マイの仇討」が受領できるようになる。

ミストアイル [編集]

ギルバロが船で神殿近くの海域へ送ってくれる。
海には神殿を守るために特殊な結界が張り巡らされており、海中に入ると全ての呪文が使えない
(超肉弾戦パーティー結成の予感…)
回復や呪われた宝箱の開錠などはアイテム頼りになるので準備は怠り無く。

途中の選択肢で、
「期待している」 を選択すると、サウルのソウルゲージ増加。
「おまえは留守番」を選択すると、サウルのソウルゲージ減少、バーゴのソウルゲージ増加。
「マイの出番だろう」を選択すると、サウルのソウルゲージ減少、マイのソウルゲージ増加。

ギルバロが海に出る者のお守りとしてコーラルをくれる。
ギルバロによると、
・エスリンの神殿がある海域は神獣のサーペントがいる。
・見た目は恐ろしい海の化け物だが神殿を守護する聖なる獣で、こちらが手を出さない限り襲って来る事は無い。
・サーペントには海で採れる宝石を好むと言う伝説があり、あの辺りで漁をする時には海に石を捧げるのが習わし。
との事。

船着場は氷の断崖にある。

ギルバロから、これから向かう海域の魔物を退治してほしい、と頼まれる。
エスリンの神殿に行けるようになり、「課題:エスリンの制圧」が開始される。
海の魔物は魚肉や酒類に好んで集まるらしいので、トラップポイント用の餌として携帯しておく事。
詳しくはトラップエンカウントを参考に。

<用意しておくといいもの>
・精霊、不死系に効果のある武器
 ウォーターウィスプやスライムが雑魚敵で出現する。また、イベントでカロン達不死系とも
 何回か交戦することになる。
・宝石×4
 サーペントをおびき出すために必要で、コーラルがギルバロから1つ、エスリンの神殿の道中で3つ入手できる。
 その他にも、敵からのドロップやバルハールの隠し鉱区でも宝石が入手できるので特に購入する必要は無い。
・傷薬、毒消し、気付け薬、帰還の鏡、魔水晶
・トラップエンカウント用のエサ
 例によってここでも全トラップポイントの制圧が必要になる。
・ヒーリング効果のある装備品

エスリン ミストアイル沖 [編集]

ギルバロに船の上から海に叩き落とされ、一行はミストアイル沖の海底へ。
海竜の空気袋が無事に働き、海中でも呼吸ができる。
危なくなったらスタート地点の一歩後ろから帰還できる。

「課題:エセルガルドの宝石」を完了していると、エルサがこの海域でイスリージュの魔力を感じる。
ポポログから再度、イスリージュの入手を頼まれる。
「課題:カロンの追跡」が開始される。

特殊な結界の力でミニマップが封印され、マップを開いても現在座標が表示されない。
不安な場合は魔水晶を準備しておこう。
この辺りの海域は水流が強く、潮の流れに入ると流されてしまうので注意する事。

(X5:Y15):出入口。
(X4:Y8):何か光るものが埋もれているので調べてみると、銀塊を入手。
(X16:Y6):水流が強すぎて渡れないと困っている所、目の前をサーペントが通り過ぎる。
       ポポログが宝石でサーペントをおびき寄せれば、その巨体で流れをせき止めてくれるはず、
       水流が遮られて弱まっているその間に流れを渡ろう、と提案。
       ギルバロから貰ったコーラルを仕掛けると見事にサーペントをおびき寄せる事が出来る。
       巨体に遮られて水流が弱まるのでその隙に渡ろう。
       なお、仕掛ける宝石の種類は何でも良い。
(X16:Y0):何か光るものが埋もれているので調べてみると…
       これは敵が仕掛けた罠で、崖上から現れたマーマン達に取り囲まれて戦闘に。

イベント戦闘:Lv24マーマン×2、Lv24マーマン×2 [編集]

倒すとコーラルを入手。
(X12:Y0):イベント発生、固く閉ざされた鍵付きの扉がある。
       ミンツによると、この扉は強力な力で封印された魔法の扉で無理矢理こじ開けるのは不可能、との事。

選択肢で「ポポログはどうだ?」を選択すると、ポポログのソウルゲージ増加。
「バーゴに任せよう」を選択すると、バーゴのソウルゲージ増加。
「何とかしてくれ」を選択すると、ミンツのソウルゲージ増加。

エルサが、この先にリーアリスがあるのかもしれない、たとえ時間が掛かろうと開ける方法を見つけないと、と言う。
ミンツがエルサの意見に同意し、いよいよ、日頃の日ごろの研究の成果を見せる時が来たようです、と言う。
実はこの手の扉についてずっと研究を続けていて、その甲斐あって、鍵の作り方には目処が立っているそうだ。
あらゆる魔法の扉を開く究極の鍵、名づけて魔元素の鍵
魔元素の鍵が必要なら、一度ロンドエールに戻ってきてほしいと言われる。

選択肢で「いいだろう」を選択すると、ミンツのソウルゲージ増加。

詳しい話はロンドエールにて。

ロンドエール [編集]

円卓の間でミンツに、鍵の件は掲示板の作戦に書いておいた、詳しい説明はそちらでするので、確認をお願いします、と言われる。
掲示板から「作戦:魔元素の鍵」が受領できるようになる。

掲示板から「作戦:魔元素の鍵」を受領するとミンツが詳しい説明を始める。
ミンツはあの種の魔法の扉を開けるために、ずっと研究を続けて来たらしい。
魔法の扉を破る合鍵を作るには、相応の魔力を持つ素材が必要。
錠を守る魔法防壁に負けないぐらいの、強い呪力を持つ素材。
エセルガルドで手に入れた死者の鍵が素材として最適らしい。
死者の怨念がこめられた死者の鍵は、いわばダイヤの原石、秘められた呪力を開放できれば、どんな魔法防壁も敵ではないそうだ。

選択肢で「自分も興味がある」を選択すると、ミンツのソウルゲージ増加。

死者の鍵に錬金術的な細工を加えて改良する事に。
星気体で作られた半物質的な物体である死者の鍵を実体化するために必要な素材がある。
それはムーンストーンという宝石で、1個あれば十分なので何とか手に入れてほしいそうだ。
バーゴが、石についてはドワーフが専門家、手元に無ければギルバロに相談すると良い、と進言してくる。
「作戦:魔元素の鍵」が開始される。

ミストアイル [編集]

ムーンストーンはドワーフの道具屋でも売ってはいるが45000GPと非常に高価、ここは素直にギルバロに相談しよう。
ギルバロに相談すると、安く売ってはもらえないが、ムーンストーンが採れる採掘現場について教えてくれる。
この島にはバルハールの隠し鉱区があり、この島からしか入れない区域だからドワーフ達は島暦層と呼んでいるそうだ。
ギルバロが隠し鉱区への封印を解いてくれる。
バルハール島暦鉱区に行けるようになる。

バルハール 島暦層 隠し鉱区 [編集]

(X12:Y1):何か光る物が埋もれているので調べてみると、アメジストを入手。
(X6:Y6):扉には機械仕掛けの錠前が取り付けられていて、ダイヤルを回して合言葉を入れる仕組み。
      扉の横に掲げられた板切れには、次のような文句が書いてある。
      《光と闇の狭間に住まう大地の守護者。》、正解はオブリス
(X6:Y9):光り輝く金属の欠片があるので調べてみると、クランの欠片を入手。
(X18:Y10):輝く石が落ちているので調べてみると、ムーンストーンを入手。

目的のムーンストーンは見つけたが、もう少し探索を続けよう。

(X17:Y14):何か光る物が埋もれているので調べてみると、ターコイズを入手。
(X18:Y15):扉には機械仕掛けの錠前が取り付けられていて、ダイヤルを回して合言葉を入れる仕組み。
       扉の横に掲げられた板切れには、次のような文句が書いてある。
       《我らが父にして神祖の名を唱えよ。》、正解はバール
(X9:Y19):何か光る物が埋もれているので調べてみると、ガーネットを入手。

ここから先に進むにはスペルのフォースウイングか竜の翼が必要。
習得していないならここより奥は後回しにして構わない。

(X1:Y3):何か光る物が埋もれているので調べてみると、オニキスを入手。
(X4:Y1):転移の鏡、(X12:Y11)にワープできる。
(X12:Y11):転移の鏡、(X4:Y1)にワープできる。

トラップポイントを全制圧すると魔王との戦いで失われた宝物、靴:アーレンバスキンを入手。

ロンドエール [編集]

掲示板の「作戦:魔元素の鍵」で報告すると、ミンツが現れるので採ってきたムーンストーンを渡す。
これで第一段階の準備は完了、続きは地下室で。
ミンツが調合釜を使って死者の鍵とムーンストーンを調合して、白く輝く鍵を作る。
これはまだ加工中の死者の鍵で、魔元素の鍵にするためには、これをさらに一段上の状態に昇華しないといけない。
普通なら調合釜でさらに魔力を加える所だが、残念ながら、今回はそれではまったく出力が足りない。
別の方法で昇華のためのエネルギーを得る計画。
ミンツが手っ取り早い方法を思いつく、それなりに危険だが、いい手だと思うらしい。
急ぎリーリアスを確保はするために、多少の危険は仕方ないと皆が同意する。

エスリンの海域に生息する魔物の発する電撃の力を利用する。
ある文献によると、ミストアイル沖には強力な電撃を発する魔物が居るとか。
チュップによると、海にいて電撃を放つのはモーマンというか海底の底に住む獣人。
モーマンたちが集まった時の電撃はすごいらしい。
モーマンは3体集まると特別な電撃を放つと言われていて、この3体のモーマンが放つ特殊な電撃が必要。
電撃のパワーを鍵に誘導する役目はミンツが引き受けるので、モーマンを探しにいく時は必ずミンツを連れて行くこと。
モーマンの住処については、この辺りの海に詳しいギルバロに聞いてみる事に。

ミストアイル [編集]

ギルバロにモーマンについて聞いてみると、モーマンがを目的に漁師たちを襲うので困っているらしい。
漁は冷えるから火酒がなくてはならず、モーマンはそれを狙ってわざわざ上まで昇ってくるそうだ。
モーマンたちはあの海域の一角にまとまって住んでいて、漁師の話だと、どうやらそこは柱の並ぶ場所だという。
モーマンに会いたいなら近くに火酒を置いてみろ、との事。
ドワーフの酒と言えば蒸留酒、蒸留酒に該当するのがウイスキーやブランデー。
ドワーフの道具屋に売っているので無かったら購入しておこう。
この後、道中でのイベントで入手できるウィスキーを使うのでも可。

エスリン 列柱の道 [編集]

(X3:Y9):イベント発生、マーマンとムーマンがなにやら言い争っている。
      見つけたお酒を奪い合っている模様。
      暫くするとこちらの存在に気づいて戦闘に。

イベント戦闘:Lv24マーマン×1、 Lv23ムーマン×1 [編集]

倒すとウィスキーを入手。

(X15:Y11):イベント発生、辺りには柱が整然と並んでいる、神殿の遺構のようだ。
       ここが柱の並ぶ場所に該当するのでこの場所でウイスキーかブランデーを使う。
       蒸留酒に誘き出されたモーマンと戦闘に。

イベント戦闘:Lv22モーマン×2、 Lv22モーマン×1 [編集]

モーマンが協力して電撃を使うまではひたすら耐えて時間を稼ぐ、それまでは決して倒してはいけない。
基本はベール系のユニオンスキル+ガードで、HPが危なくなったらアイテムで回復、この戦法が一番安全かと。
4ターン目に変化が、怒り出してモーマン達の触手が強く輝き始める。
チュップによると、幻の三大珍獣秘技の1つ、トライアングル・モーマン・アタックだよ、との事…
ミンツがそれを受け止め、不思議な色をした鍵が出来あがる、魔元素の鍵を入手。
技が効かなかった事に驚いて、モーマン達は逃げ出してしまう。
これで、今までは開けられなかった全ての魔法の扉が開けられるようになる。
「作戦:魔元素の鍵」が完了する。

今まで開けられなくて放置していた魔法の扉のリスト [編集]

イーンシリン地下1階 祈りの間(X18:Y7)の宝物の間と書かれている扉。
(X18:Y0):宝箱からクランの欠片を入手、(X19:Y1):宝箱からヒスイを入手、(X17:Y1):宝箱からペリドットを入手。
イーンシリン地下4階 玄室 (X12:Y18)の扉。スペルのフォースウイングか竜の翼が必要。
(X17:Y17):宝箱から装飾品:アーレンリングを入手。
エセルガルド城砦2F南西部(X8:Y16)の《礼拝堂》の扉。
エセルガルド城砦2F北西部(X8:Y2):光り輝く金属の欠片があるので調べてみると、クランの欠片を入手。

(X15:Y9):魔元素の鍵で開く魔法の扉。
(X17:Y1):何か光る物が埋もれているので調べてみると、コーラルを入手。

エスリン 神官居住区 [編集]

(X:12 Y:0):魔元素の鍵で開く魔法の扉を通り抜けると神官居住区に辿りつく。
(X:6 Y:18):何か光る物が埋もれているので調べてみると、シトリンを入手。
(X:16 Y:16):何か光る物が埋もれているので調べてみると、金塊を入手。
(X:15 Y:13):サーペントをおびき出すポイントがあるが海流を使うことで反対側に移動できるので、ここでは宝石は温存しよう。
(X:7 Y:9):海流を使うことで西の小島(X:3 Y:9)に移動できる。
(X:1 Y:10):何か光る物が埋もれているので調べてみると、金塊を入手。

西の小島から海流を使うことで(X:12 Y:7)に移動できる。

(X:15 Y:8):歩哨らしきスカルキャップから情報を引き出せる。
       カロンは南西のアジトにいて、アジトに通じる水流が1本だけある(何故か実際には2本ある…)、との事。
(X:17 Y:6):何か光る物が埋もれているので調べてみると、コーラルを入手。
(X:7 Y:4):イベント発生、亡霊海賊団と名乗るスカルキャップ達が待ち構えていて戦闘に。

イベント戦闘:Lv23スカルキャップ×3 [編集]

このスカルキャップと後に出てくるカロンは、不死属性なので対不死用の装備を準備する事。

(X:3 Y:2):イベント発生、カロンを発見する。

カロンとの会話の中の選択肢で「その通りだ」を選択すると、ポポログのソウルゲージ増加。

カロンがバジリスクを呼び出して戦闘に。

イベント戦闘:Lv--(Lv18)カロン×1、Lv23バジリスク×1 [編集]

<カロンのステータス>
種族:不死 属性:土 HP:約1100前後
耐性:気絶、瀕死は無効。それ以外は効果あり。
使用スペル:使用不可
習得スキル:斬り込み壱 狙撃(瀕死効果)
その他特性:射程M 攻撃に瀕死付与 2回行動 9ターン毎にMHPの1割自動回復
        15ターン毎に強化スペル消去 連れ去り 様子を見る

<バジリスクのステータス>
種族:生物 属性:無 HP:約1100前後
耐性:全て効果あり。
使用スペル:使用不可
習得スキル:ラッシュ 防御力強化
その他特性:攻撃に毒の追加効果 マヒブレス

カロンは願いを叶える石であるイスリージュに不死を願っているため、倒しても再び逃げられてしまう。
イスリージュへの対策や、カロンの逃げた先などについては、ロンドエールに戻ってから話し合うことに。
カロンの骨の山から死者のベルトを入手。
ロンドエールに戻り、掲示板で報告を行うことで「課題:カロンの追跡」が終了する。

「課題:カロンの追跡」終了後にアーレンティールを訪れると、エルサがイスリージュの魔力を感知する。
ミンツがカロンの対策を考えてあるらしく、詳しい説明は掲示板の方で、と言われる。
掲示板から「課題:イスリージュの奪取」が受領できるようになる。

倒した後は海流に乗って南東に移動し至聖所へ移動。

エスリン 至聖所 [編集]

(X:5 Y:7):サーペントをおびき出すポイントがあるので、宝石を使えば渡れるようになる。
(X:15 Y:2):何か光る物が埋もれているので調べてみると、ミスリル光玉を入手。

至聖所には2ヶ所トラップポイントがあるが、その内、一ヶ所は少し分かり辛い場所にあるので注意。
水流(X:4 Y:9)or(X:5 Y:8)→水流(X:5 Y:14)→トラップポイント(X:1 Y:18)の順序で辿り着ける。
ここを含め、エスリンの神殿の全トラップポイントを制圧する事で重要品:クランの欠片を入手。
ミストアイルのギルバロに報告すれば、「課題:エスリンの制圧」が完了する。
報酬としてギルバロからバールナイトが貰える。

なお、魔元素の鍵で開けられる扉の分も合わせると、この時点で全てのクランの欠片を入手できる。
この時点で7つのクランの欠片全てを集め終わっているとイベントが発生。
エラステが現れエルサに語りかけてくる。
その後、特に戦闘も無くエラステは消え去る。
アーレンティールへ行ってクランナリンを作ってもらおう。「作戦:星の杖」

(X:11 Y:19):サーペントをおびき出すポイントがあるので、宝石を使えば渡れるようになる。

(X:15 Y:14):イベント発生、古めかしい祭壇がある。
        ドワーフのリーアリスを発見するがサーペントが襲い掛かって来て戦闘に。

イベント戦闘:Lv22 サーペント [編集]

<サーペントのステータス>
種族:生物 属性:水 HP:約1500前後
耐性:沈黙、混乱、マヒは効果あり。それ以外無効。
使用スペル:使用不可
習得スキル:斬り込み壱
その他特性:2回行動 攻撃に瀕死効果 連れ去り マヒブレス

魔法が使えないボス戦になるが、HPがそこまで高くないために強引に押し切れる。
麻痺ブレスに備え、幾つか気付け薬を所持しておくこと。
低確率で宝飾品:サファイアをドロップ

選択肢で
「バーゴに任せる」を選択すると、バーゴのソウルゲージ増加。
「ロロンに任せる」を選択すると、ロロンのソウルゲージ増加。

ドワーフのリーアリスを入手すると、オル=ピロスが登場。
オル=ピロスの力で100年前の過去を見せられ、真実を知る事になる。
オル=ピロスが消え去った後、ロロンが精霊神フェニックスの復活を感知するのでロンドエールに帰還することに。

ロンドエール [編集]

マァリンから精霊神フェニックス復活の報告がなされ、「作戦:氷海の聖域」がクリアとなる。
「作戦:魔城への進軍」が追加され、魔城ドレイゴオルへ移動できるようになる。
また、この時点でロロンのソウルランクのキャップが外れ、7以上にあげる事が出来るようになる。

NEXT:グロムバルク~王宮から死霊の道まで


スポンサーリンク


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS