目次

種族

年齢

基本ステータス

HPと種族と体力と職業

HPは種族と職業で伸び率が決まる。体力も影響するが効果は小さい。
(最大体力値が高い種族ほどHPが高くなる。)
ゴシックでは職業や体力よりも種族の影響のほうが大きい。

つまり、エルフ君主よりもドラゴ魔術師のほうがHPが高くなりやすい。

腕力によるダメージ差

知力差による呪文威力の検証

18くらいからかなり威力が上がる?
種族の限界値を考慮して値が設定されている可能性あり。

なお成功率には影響しない模様

(PSP版)

レベル5のキャラを3人用意して真髄バラドで比較
相手は訓練場の訓練官

ドワーフ(知力16) 10  8  8 11  7 10  6  4  7  4  9  6 10 10  9 11  4  5  5 10
人間  (知力18) 12 15 14 11 11 12 14 16 16 14 16 17 13 14 15 13 15 12 14 16
エルフ (知力20) 15 19 18 17 20 17 14 13 14 14 19 14 19 18 20 17 17 19 17 20

ドワーフ ダメージ幅  4~11   平均ダメージ  7,7
人間   ダメージ幅 11~17   平均ダメージ 14,0
エルフ  ダメージ幅 13~20   平均ダメージ 17,1
知力16のエルフ用意してやってみたyo! ドワーフとほぼ変わらないね。
純粋に数値依存のようだ。
知力14のエルフでダメージ幅1~7、平均3,3だった。

(3DS版)

職業

闘士

連撃&クリーンヒット

遊楽者

タロットの使用例

召喚師

召喚の仕様

中断⇒再開すると、おそらくだが、その場で召喚し直される仕様になっている。
リセットに抵抗が無ければ利用してみるのもいいだろう。

君主

特殊抵抗UPと法院保護区

両方とも特殊抵抗を強化するスキル。
君主のLVが上がってくると特殊抵抗UP50%・法院保護区75%まで上がる。

こうなると「特殊抵抗50%って微妙じゃね?」と思うかもしれないが、
君主が状態異常になると、法院保護区は効果が解除され、特殊抵抗UPは効果が解除されない。
という違いがあるため、いちおー存在意義はある。


Last-modified: 2020-10-19 (月) 18:04:58