中級職概要

基本職二つを掛け合わせた職か、専用の職が多い。
成長速度は基本職より遅いが、所持能力が多彩な為成長すれば有効に使える
(もちろん上級職よりも成長は早い)
クセが強いが使いこなせば・・というタイプが多い。



司教

魔術師と僧侶、両方の魔法を極めることができ、不確定なアイテムを「鑑定」できる便利な職。
店で鑑定する必要がなくなるため金稼ぎに有用だが、LVアップと呪文の習得速度が遅いのがネック。
Exスキルとハイマスター能力のおかげで魔法を魔術師に次ぐ威力で使える。
呼び方を間違える人が多いが「司祭(=僧侶)」ではなく、位の高い「司教」なのでお間違えなく!

転職条件
能力:知恵15 信仰15/性別:制限無し/性格:善・悪
基本能力
魔術師呪文’’:魔術師系呪文を習得する。魔術師と比べると習得速度が非常に遅い。
僧侶呪文’’:僧侶系呪文を習得する。僧侶と比べると習得速度が非常に遅い。
ディスペル:霊・不死系モンスター1体を消滅させる。経験値は手に入らない。
鑑定:未確定のアイテムの正体を判別する。Lvが上がるほど判別成功率が上昇。
ハイマスター能力(LV32)
魔術師呪文UP:Lvに比例して魔術師呪文の威力が上昇。(MAX562.4%)
僧侶呪文UP:Lvに比例して僧侶呪文の威力が上昇。(MAX843.6%)
専用エクストラスキル
百識(汎用エクストラはこちら)
転職元適性:B
2系統の呪文を覚えるが、成長があまりに遅い。
初心者はお得な職業と勘違いしがちだが、「LvUP」と「呪文の習得」の両方が遅いため本当に呪文を覚えない。
(「魔術師が全魔法習得に必要とする経験値」+「僧侶が全魔法習得に必要とする経験値」)×2=「司教が全魔法習得に必要とする経験値」
最終職適性:A
魔術師呪文,僧侶呪文がともにMP9となる唯一の職業であり、また、鑑定能力を持つ唯一の職業でもある。
状態異常を与えるミサーマやストーマ、回避率を下げるロプティ、移動呪文のティオメンテを 9回使えるので非常に心強い。加えて、僧侶呪文の使い手はいくらいても困らない。
攻撃呪文も魔印で強化すればクリア前までは十分通用する。
また、なんだかんだ言ってもいつでもできる鑑定はやはり便利である。
無転職適性:B
イノセントに拘る必要性は薄い。イノセントマントでなくても紋章のローブ等で代用できる。
また、魔印をつけるため、装飾枠は埋まりがち。
中盤以降加えるならば、錬金術士師を経由し、転職するとよい。
序盤から鑑定が欲しいならば、無転職でも問題ない
必要経験値
並(レベル2になるのに必要な経験値:「1,170」)

雑感

◆基本事項

◆技能関連

◆装備関連

◆その他

狩人

戦士の能力を持ちつつ、盗賊の基本技能も使える職。
「速攻」能力を使うことでターン最初に攻撃することができる。
強力な全体攻撃持ちを即座に排除したい時には便利。

転職条件
能力:腕力12、知恵12、敏捷15/性別:制限無し/性格:中立・悪
基本能力
速攻:SPを使用してのターン最速攻撃。なお装備する武器の制限は特に無い。
追撃:弓or特定の武器を装備している時にターン終了時に状態異常の敵がいれば、追加攻撃を行う(1体まで)。
盗賊技能:秘密発見と罠の判定・解除が可能。
ハイマスター能力(LV32)
物理攻撃UP:Lvに比例して物理攻撃の威力が上昇。(MAX232.0%)
掃射追撃:「追撃」の効果が敵全体に拡大(数の制限が解除される)。
専用エクストラスキル
なし(汎用エクストラはこちら)
転職元適性:C
引き継ぐものがない
最終職適性:A
今作では、錬度が高い鉱石が手に入りにくいため、射程制限を解除しにくく、射程Lの強力な弓を装備できることは魅力的
速攻は同じ敵が複数体並ぶ仕様になったため、厄介な敵1体(メイジ系等)を倒すという使い方ができなくなり、有用性は低下したが、まだまだ役立つ。
追撃は状態異常の敵にかなりの命中精度で攻撃できるため、回避の高い相手に有効である。
錬金術師から転職すれば、錬金呪文を9回使えるため非常に便利。
盗みでクリア後も使っていける武器がクリア前に手に入ることもメリット。
無転職適性C
錬金呪文を引き継げ、イノセントマントの上位互換の防具を装備できるため、無転職である必要はほとんどない
序盤から弓の命中が高く有用であるため、序盤から加えるのであれば無転職でもよい。
必要経験値
並(レベル2になるのに必要な経験値:「1,100」)

雑感

◆基本事項

◆技能関連

◆装備関連

◆その他

闘士

複数回攻撃が発生する「連撃」で敵をボコボコにする職。
「連撃」は敵の耐性を下げる唯一の手段なので、他職と組み合わせると強力。
また召喚耐性も下げることができるので、召喚師が高耐性モンスターと契約する時には必須。
PSP版では盗み武器が少なく武器不足が深刻だが、強さの純度は変わっていない。
(3DS版では盗み武器追加でPSP版よりも相対的に強化されている。)

転職条件
能力:腕力15、体力12、敏捷12/性別:制限無し/性格:善・中立
基本能力
AC低下:Lvに比例してACが低下する。3レベルごとに-1
連撃:一定確率(50%)で連続攻撃をする。武器1本で初撃込み最大4回まで。 通常攻撃のみ:1/2
(3DS版)~ 連撃1回:1/4
連撃2回:1/8
連撃3回:1/8
闘士の連撃回数の確率は↑の通り(レベルでは変動しない)
3回目の連撃は闘争本能の確率(ハイマスターでない場合50%)でクリーンヒット(与ダメ3倍、次の攻撃の耐性低下)が発生する
ハイマスター能力(LV32)
物理攻撃UP:Lvに比例して物理攻撃の威力が上昇。(MAX222.2%)
闘争本能:クリーンヒットの確率が上昇する。(MAX100.0%=3DS版LV655)
専用エクストラスキル
なし(汎用エクストラはこちら)
転職元適性:C
引き継ぐものがない
最終職適性:A
高レベルの敵との契約には重要となる。
弱体化されたとはいえ、連撃はまだまだ強力であり、最終武器は全種族2倍打が可能で十分な火力となる。
今作ではAC低下能力が非常に強力で、クリア後ダンジョンの敵の連撃や4回連続攻撃を耐えるため、盾として非常に有用
無転職適性:B
イノセントマントがAC低下能力有効となったが、上位互換のフォースローブを装備できるためイノセントに拘る必要はない。
(フォースローブもAC低下有効装備。)
ただ、殴ることと守ることが仕事であり、呪文を使用する機会は多くはないので無転職でも活躍できる。
必要経験値
並(レベル2になるのに必要な経験値:「1,200」)

雑感

◆基本事項

◆技能関連

◆装備関連

◆その他

遊楽者

盗賊と魔術師を掛け合わせたような職業。唯一「タロット」を扱える職業でもある。
ただし、通常の呪文やスキルと比べるとタロットはクセが強く、使いこなすには各効果や敵の能力をよく知る必要がある。
名前のイメージに反して装備できる武器は意外と攻撃力が高いものが多い前衛タイプ。
攻撃回数増加は前衛専門職より遅いものの、物理攻撃UPもあるのでLvさえ上がれば物理攻撃の威力もなかなかのもの。
物理攻撃・呪文攻撃・盗賊技能と多才ではあるが、いずれも一番にはなれず器用貧乏の一面も。

転職条件
能力:知恵10、信仰10、体力12、幸運15/性別:制限無し/性格:善・中立
基本能力
魔術師呪文’:魔術師系呪文を習得する。習得は若干遅め。
盗賊技能:秘密発見と罠の判定・解除が可能。
タロット:タロットを使用することができる。
楽器演奏:楽器を使用して呪文と同等の効果を出せる。
ハイマスター能力(LV32)
物理攻撃UP:Lvに比例して物理攻撃の威力が上昇。(MAX226.9%)
運命改変:タロットのドロー成功率の低下を低減する。
専用エクストラスキル
なし(汎用エクストラはこちら)
転職元適性:B
魔術師呪文を覚えるが、魔術師に比べるとLvUP・呪文習得は遅い。
タロットなど他の技能は引き継げないので、呪文目当てなら魔術師のほうが良い。
最終職適性:B
タロットは戦況を覆す可能性のある能力だが、
一番使いたいイベント戦で気軽に利用出来ないのが惜しい。
装備においては他の準前衛の薬草師や巫と比較しても優秀なものが装備できるが、
終盤になると最終装備の影響などで他職と火力や耐久力において差が開きがち。
無転職適性:B
元々様々な技能を持つ便利屋的存在だが、
他の呪文も覚えてしまってから転職すればさらにあらゆる状況に対応できるようになる。

必要経験値
並(レベル2になるのに必要な経験値:「1,150」)

雑感

◆基本事項

◆技能関連

◆装備関連

◆その他

邪悪な存在に対して有効な職業で、不死・霊・悪魔などに対する倍打が多い装備が多数存在する。
また結界を使うことで中盤辺りでよくある開幕エンテルクミスタでの壊滅を防ぐことができる。
ただし僧侶呪文は覚えない。

転職条件
能力:知恵12、信仰15、敏捷12/性別:制限無し/性格:善・悪
基本能力
ディスペル:霊・不死系モンスター1体を消滅させる。経験値は手に入らない。
霊体攻撃:装備武具の倍打に関わらず通常攻撃で霊体系モンスターにダメージを与えられる。
楽器演奏:楽器を使用して呪文と同等の効果を出せる。
結界:反射・無効・減退の3種類を使用。ターン始めに最速発動(狩人の速攻が優先)。
「反射(3回)→無効(5回)→50%減少」の順に下がる。反射回数はターゲット数に依存する。
街に戻るか薬草師の紅茶葉で初期状態に戻る。
サマー能力(LV32)
物理攻撃UP:Lvに比例して物理攻撃の威力が上昇。(MAX226.9%)
古式:防具の代わりにお札を装備して、攻撃回数を増加させる。
(最大8連続攻撃が可能。誰かを専属で守らせる・忍者で奇襲を防ぐ等、防御面との兼ね合いが必要)
専用エクストラスキル
おみくじ(汎用エクストラはこちら)
転職元適性:C
引き継ぐものがない
最終職適性:A
強力な火炎魔道を装備できるので、クリア前後では十分な火力になる。
サマー能力の古式は、ダメージを伸ばすのは勿論、状態異常を付与して火力+状態異常の便利屋にもなれる。
無転職適性:C
イノセントマントの有用性はそれなりにあるが、倍打も付く紋章のローブで十分に代用可能。
呪文を全く覚えず、ミラージュランスも装備できないので、他職よりイノセントのメリットは薄い。
存在意義でもある古式が真価を発揮できるのは終盤なので、強力な装備が揃い始める頃に転職しても十分間に合う。
必要経験値
並(レベル2になるのに必要な経験値:「1,150」)

雑感

◆基本事項

◆技能関連

◆装備関連

◆その他

召喚師

モンスターを契約して使役する職業。
各魔法Lvごとに1体のモンスターを封じ込めることができる。
ただし一度に呼び出せるモンスターはPT全体で1体まで。
NPC等で枠が埋まってると呼び出せない。
なお、よく召還と誤記されるが、正しくは召喚である。
召喚は呼び出す、召還は呼び戻すなので、実質的に意味が逆。

転職条件
能力:知恵12、信仰10、体力10、幸運15/性別:制限無し/性格:善・悪
基本能力
召喚呪文:モンスターと契約し、召喚する事ができる。
ハイマスター能力(LV32)
血の盟約:Lvに応じて%分召喚したモンスターのステータスに補正がかかる。(MAX1221.5%)
召喚師と同じLvに変化させる為、首切り率や通常攻撃以外の行動が発生する率も上がる。
目に見えて変化があるのはHPで、血の盟約の%分HPが増える。
また、物理ダメージや魔術ダメージアップ系スキルのあるモンスターもベース職業分の補正を受ける事が出来る。
専用エクストラスキル
マスターテリオン、魂の盟約(汎用エクストラはこちら)
転職元適性:B
他職でも召喚は使えるが、血の盟約がない為、戦闘面では召喚師ほどの有用性はない。
SPで召喚呪文が覚えられる召霊剣が出るのはクリア後の終盤。
最終職適性:A
「血の盟約」で強化されたモンスター達の力は絶大。
指示は出せないが、元々強いモンスターになると複数回行動・強耐性・良スキル複数持ち・高HPは当たり前。
敵の火力とACの重要度が増し、モンスターのレベルの高さが火力と防御力に直結するために盟約の重要度が増した。
無転職適性:C
フォースロープが装備できないので呪文抵抗に若干の不安は残るものの、あえてイノセントマントを維持するメリットが薄い。
装備できる武器が貧弱でLvUPで攻撃回数も増えない。そして召喚魔法は召喚と契約しかできない。
要するに何かアイテムを使うか他職の呪文を覚えるかしないと、戦闘中はマジでやることが無い。
属性攻撃強化装備に恵まれないため、ダメージ魔法には期待できないが、それでもサポート魔法が使えるとかなり違う。
種族にドラゴニュートを選択するのも手である。ブレスが使えるだけでもやれることにそこそこ幅が出る。
必要経験値
並(レベル2になるのに必要な経験値:「1,200」)

雑感

◆基本事項

◆技能関連

◆装備関連

◆その他

神女

重装備可・僧侶呪文・霊体攻撃可と戦士と僧侶を掛け合わせたような職業。
女性と?専用の職業だが、アイテム転職などを利用すれば男でもなれる。
戦闘で大切な要素を多く有するために序盤から頼りになる。

転職条件
能力:腕力12、信仰12、体力11、敏捷11、幸運10/性別:女・?/性格:中立
基本能力
僧侶呪文’:僧侶系呪文を習得する。習得は若干遅め。
ディスペル:霊・不死系モンスター1体を消滅させる。経験値は手に入らない。
霊体攻撃:装備武具の倍打に関わらず通常攻撃で霊体系モンスターにダメージを与えられる。
ハイマスター能力(LV32)
物理攻撃UP:LVに比例して物理攻撃の威力が上昇。(MAX224.0%)
僧侶呪文UP(3DS版のみ):Lvに比例して僧侶呪文の威力が上昇。
聖槍術:槍をメイン武器として装備可能になる。これにより槍+サブ武器の装備が可能に。
勿論制限解除すれば槍+メイン武器も実現可能。
(ゴシックからはサブ槍が追加されたので、このスキルの有無に関わらず二槍流が可能)
専用エクストラスキル
なし(汎用エクストラはこちら)
転職元適性:B
僧侶魔法を覚えHPも高いが、僧侶に比べるとLvUP・呪文習得は遅い。
ただし、中立で僧侶呪文を修得できる唯一の職業である。
最終職適性:A
両手武器の仕様変更により火力が非常に高い。
終盤の武器にも恵まれており、厄介な竜族や神族3倍打の武器を装備可能
僧侶魔法9回も便利でエクストラスキルを慈愛の御手にすれば、回復役も可能
無転職適性:A
イノセントマントの上位互換装備が追加されたため、実質的なメリットはミラージュランスのみ。
序盤から強い職業であり、比較的簡単に訓練所で作成できるので、ミラージュランスを抜きにしてもイノセントで何ら問題ない。
必要経験値
並(レベル2になるのに必要な経験値:「1,180」)

雑感

◆基本事項

◆技能関連

◆装備関連

◆その他



 

 


Last-modified: 2020-10-19 (月) 17:24:55