データ/職業

Top / データ / 職業

職業 Edit

DS版からの変更点 Edit

僧侶
ハイマスター技能の御魂開放が単体>全体へ変更(ディスペル全体化)
遊楽者
イベント戦闘でのタロット成功率が0%>1%へ向上
タロットの仕様の大幅変更
忍者
通常技能に新技能「警戒」(敵奇襲防止+自動で隠れる)追加
サマー技能の「闇討ち」より敵奇襲防止効果を削除(新技能「警戒」へ移行)

基本情報 Edit

  • 獲得可能なEXPの上限は、「4,294,967,295」(16進数でFFFFFFFF)
  • LVの上限は、種族と職業の組み合わせにより異なる。
  • 特殊効果の上限は、「95%」まで。
  • 呪文威力UPは、現職で覚えられる魔法のみに適用。
     例)魔術師が錬金術師の魔法を覚えていても、錬金術には呪文威力UPボーナスは適用されない。
       司教のボーナスは魔術師・僧侶呪文に適用される。
  • ハイマスター能力(各職業ごとの特殊技能の上級版技能)は、
     「基本職はLv26、中級職はLv32、上級職はLv36」で習得可能。
      転職では引き継がれない。
  • 転職元の職業としては、魔術師、僧侶、錬金術師がおすすめ。
  • また、HP上昇率の良い職業から後衛職へ転職し、最大HPの高い後衛を作るという方法もおすすめ。
     例)「戦士→魔術師→僧侶→錬金術師」など。
    ただし、エナジードレイン、ウルマクルでLvダウンすると、そのLv、職、体力に応じたHPまで下がるので要注意!
  • 職業条件のステータス=その職業に深く関わってくるステータスと思って良い。
  • 性別の差は装備品にのみ関係してくる。1では女性専用装備だけがあったが今作は男性専用装備もある。
  • 物理攻撃力UPをもつ職業は、Lvアップで攻撃回数の増加がある。(約Lv5で+1回 ただし盗賊はLv10で+1回)
  • 物理攻撃力UPをもたない職業は、Lvアップで攻撃回数の増加がない。
  • 例外として僧侶は攻撃回数の増加がある。(約Lv10毎に1回)
  • 物理攻撃威力の強化度合い
    • LV100
      • 戦士=43.3%
      • 君主/侍/忍者(上級職)=16.1%
      • 盗賊/使用人/狩人/闘士/遊楽者/巫/神女=21.7%
  • LV200
    • 戦士=66.1%
    • 君主/侍/忍者(上級職)=25.7%
    • 盗賊/使用人/狩人/闘士/遊楽者/巫/神女=33.1%

1LvごとのHP変換率目安 Edit

種族によって±する可能性(体力の差によって変化する?)アリ。
あくまでもLv50程度(無転職)での各職業目安でしかない為、参考程度に。

基本職中級職上級職
戦士7〜9司教4.5〜5.5君主6〜7.5
魔術師3〜4.5狩人6〜7.5
僧侶4〜6闘士忍者
盗賊4〜5.5遊楽者3.5〜5
錬金術師3〜4.5召喚師4〜5
使用人4〜5.54〜5.5
神女6〜7

(オーガとフェアリーのグラディエイターを同時に育てていたところ、レベル100で100程度の差が出た。
またドラゴニュートのシーフからフェアリーに種族を変えて1レベルのドレインを食らったところ、
100程のHPを持って行かれレベルが上がっても元の値まで戻らなかったことがある。
おそらく何かしらの計算式は確実に働いていると思われる。
が、個人のプレイにおける経験談でしかないので参考程度に)

Lv1→Lv2への必要経験値 Edit

普通/上がり難い
普通(人間・エルフ・ドワーフ・ノーム・ホビット・魔傀儡・ゴブリン)
上がり難い(フェアリー・ワービースト・ドラゴニュート・デビリッシュ・オーガ)

おそらくレベルが上がってもこの比率は変わらないと思われる

基本職中級職上級職
戦士880/910司教1170/1210君主1350/1390
魔術師980/1010狩人1100/11301250/1290
僧侶900/930闘士1200/1240忍者1500/1550
盗賊850/880遊楽者1150/1180
錬金術師980/1010召喚師1200/1240
使用人960/9901150/1180
神女1180/1220

転職 Edit

<転職時の引継ぎ要素>

  • HP    据え置き
  • 能力  種族初期値までダウン
  • 年齢  +1歳
  • スキル 引き継がない
  • 呪文  引き継ぐ
    • 転職後の職が前職と同系等の呪文を覚えられない場合
      • 習得済みのLvの呪文→呪文の数と同じ回数だけ使用可能(ただし上限は3となる)
          例)2つ習得しているLv→使用回数2 4つ習得しているLv→使用回数3
      • 習得していないLvの呪文→使用不可
      • 使用可能な呪文Lvで未修得の呪文は、各呪文の基本職と同レベルになった際に習得
          それに応じて、使用回数も最大3まで増加
  • 転職後の職が前職と同系等の呪文を覚える場合
    • 使用回数をそのまま引き継ぐ(9→9、1→1)
    • 未修得の物は、その職で習得するレベルまで覚えない
    • 狩人は本来呪文を覚えないが、錬金術師からの転職時に限りこのパターンで引き継ぐ
  • アイテムで経験値を維持したまま、未修得系統の呪文職に転職した場合
    • 転職直後はその呪文系統を覚えない
    • LvUPするたびに、1Lv分ずつ習得。使用回数はそのキャラ自身のLvに合わせて一気に上がる
        例)赤い靴で戦士からLv50僧侶になった場合、Lv51になった時に呪文LV1を回数9で習得
          以後、LvUPごとに呪文Lv2、3、4〜と1Lvずつ、回数9で習得していく
  • 該当LVの呪文をどれか一つでも覚えて転職した場合、キャラクターを適正LVまで上げれば同Lvの呪文は全て覚え、使用回数も3まで増加

<転職できるアイテム一覧>

アイテム名転職できる職LV引継ぎ備考
銀のレイピア盗→忍
赤い靴全→僧侶女性のみ
SP:死亡&僧侶転職
ガラスの靴使→君女性のみ
盟友の指輪魔召→魔
力のメダル全→全(ランダム)
  • アイテムによる転職ならば、イノセントシリーズを装備できる。
    • イノセントシリーズは、全部で3組の装備(剣、盾、マント)で、各種属性防御や抵抗率を上昇させる効果を持っている。
    • 職業によっては、名前にイノセントと付いてはいないが同条件で装備可能なアイテムも追加されている。
  • アイテムによる転職でも、覚えない呪文系統のMPは最大3までになる。
  • 力のメダルはクリア後ダンジョンのウルナス・ラーデでDropが確認されている。
    しかもレア扱いのため、1周目ではなかなか落ちないかも。

各職業詳細 Edit

  • 基本職:戦士、魔術師、僧侶、盗賊、錬金術師、使用人
  • 中級職:司教、狩人、闘士、遊楽者、巫、召喚師、神女
  • 上級職:君主、侍、忍者

スポンサーリンク

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS