DS版からの変更点

Top / DS版からの変更点

目次 Edit

追加要素 Edit

システム Edit

  • フェイスロード・インストール・スクリーンショット機能。詳細は製品情報/新要素
  • 職業のバランスの調整(基本的にPSP版2と同じ)
    • 召喚モンスターの法院保護区の弱体化(パーティには効果なし)。パーティ全体に効果が欲しいなら君主必須
    • 僧侶の御霊解放が全体化。経験値も入る
    • 忍者に「警戒(敵の奇襲を一定確率で防ぐ&自動で隠れることがある)」追加(敵忍者にも追加)
    • 遊楽のタロットの仕様を変更。イベント戦でも成功判定が1%固定に。
    • 使用人のティータイムで速攻・結界・タロットの使用回数が全回復に(従来のシリーズは1回分回復のみ。仕様?バグ?)
  • 鍛冶錬金の一部変更なし
    • 表記がおかしいみたい。実際は属性攻撃、属性防御が、1振りで+2%あがる
  • ティオメンテ実行時でもランダムエンカウント判定あり
  • 記録された歴史が名前表記に。
  • 一部種族、モンスター名変更
    • ホビット→ホートルット(著作権関係、名称のみの変更)
    • マインドフレア→マイントラッパー(著作権関係、頭がタコからイカに変更) 
  • 隠しボスの能力が微妙に強化。
  • 没図鑑データだったNPCキャラをドッペルゲンガー戦に連れて行くと図鑑に登録されるようになった。
    • ドッペル本体は召喚モンスターを連れて戦えば登録される。
  • クリア後にデュークス全部倒した後、忘れられた地で、結婚できる。

ストーリー Edit

変更なし。追加イベントの類もなし

アイテム Edit

アイテム自体の追加はなし。
ただ、モンスターから盗める装備にグラフィックが追加されている(DS版2からの要素)

その他 Edit

バグ Edit

大きなバグは修正されたが、代わりに別のバグが追加されている状態。
詳細は攻略/バグ


スポンサーリンク