Xbox360

Top / Xbox360

目次 Edit

概要、製品情報 Edit

  • タイトルは「迷宮クロスブラッド リローデッド」。2011年11月10日に角川ゲームスから発売された。
  • PC版のVer1.200をベースとしている。細かい不具合修正およびバランス調整が行われているかどうかは不明。
    • 一応、Ustreamの放送上では「ゲームバランスの変更は行っていない」とスタッフが発言している。

追加、変更点 Edit

  • ユーザーアイコンは非搭載。
    • その代わりにスペシャルアイコンとして『蒼空のフロンティア』、『シノビガミ』および『円卓の生徒』よりゲストとして用意されたキャラクターグラフィックを使用可能。
  • ゲームバランスの大きな変更は無い模様。

追加要素 Edit

  • 声優によるキャラクターボイス追加。
    作成キャラにも攻撃時70種、被弾時70種、戦闘不能時70種をそれぞれ設定可能。
    • 制限はかなりゆるく、「外観および通常時の声は男だが、瀕死になった時だけ女声を発する」といった設定も可能。もちろん「ボイス無し」にすることもできる。
  • 主題歌(オープニングテーマ「SCARLET WINGS」・挿入歌「Secret Labyrinth」「ルシディティ」・EDテーマ「extra fixx」)が追加。
  • 実績の追加。詳細はこちらを参照。
  • 各種インターフェース(画面レイアウト&デザイン、フォント等)がPC版から一新されている。
  • 殆どのタイミングで呼び出すことができるヘルプコマンドを追加。そこからタイトル画面に戻ることも可能となっている(=事実上のソフトリセット機能)。
  • 一部クエストにイベント追加(追加CGあり)

変更点 Edit

  • 作成可能隊員数の減少(30人→12人)
  • ステータス画面などのインターフェースがPC版から一新された。
    • その弊害に、名前やAC、TH等の表示が常時表示されなくなった。※肝心な時にはきちんと視認可能。
    • 戦闘時入力したコマンド内容表示の簡略化(具体的な内容ではなくスキル、スペルとしか表示されなくなった。)
    • フォントは大きめのものに変更され、低解像度のモニターでも読みやすくなった。
  • キャラクタウィンドウのシンプル表示の削除(類似したウィンドウはヘルプコマンドの隊員情報一覧で確認できる。あくまで確認出来るだけで、切り替えて使用はできない)
  • 一部のグラ、文章を修正(ニップルビットや学堂公園の説明文等)。
  • エフェクトを変更(コード独特の雰囲気を演出)。
  • MAPチップを大型化、ミニMAPを半透明表示可能に変更
  • 一部マップのシンボルを変更(星条ビル屋上 X:18 Y:7のイベントシンボルがボスエネミーシンボルに変更等)
  • 固定キー削除、スペル、アイテムショートカットキーが削除され
    換わりに左右平行移動、ステータス画面ショートカットに変更。
    • 当初予定されていたPC版の操作法との切り替えは無かったことに。
  • ↓入力時に振り向きか後退をオプションで選択可能。
  • 戦闘中、行動中のキャラを視覚的にわかるように変更。
  • 追加BGMによる一部BGMの差し替え

改善要望etc Edit

  • 公開されているゲーム画面に「灰色のウィンドウに白文字」の画面があったのだが、まぶしくて見づらいと思われるので改善してほしい。
    • 社長曰く「あの画面は過去のバージョンのものなので、現在では直っている」とのこと。実際、その後に公開されたスクショではウィンドウの色が黒寄りに変更されているため、見やすくなっている。
  • Xbox360版の追加要素をPC版にも反映させてほしい。
    • 社長曰く「確約はできないが、可能な限りPC版にもフィードバックさせる」とのこと。
    • 権利が絡む部分は不可能だそうです(音楽関係、ボイス関係、アニメーション関係)。

その他 Edit

  • 雑誌等に掲載されているスクショでは、「結束値」が「結束地」、「耐久値」が「耐久率」となっている。ただしこれらは製品版では修正されているようだ。
  • HDDにインストールしてもプレイ開始数分はディスクが回転しますが、
    最近発売されたソフトは全てこの仕様だそうです。

PC版との差異 Edit

以下にまとめる予定


スポンサーリンク