データ/クロスブラッドシステム

Top / データ / クロスブラッドシステム

クロスブラッドシステム Edit

クロスブラッドシステムとは Edit

XBLでは、これまでのXTHシリーズのサブブラッドシステムを改良したクロスブラッドシステムを採用している。
基本は、「サブ枠にもブラッドコードを設定することで1人2つのブラッドコードを付け、異なるブラッドコードのスキルやスペルを同時に習得&使用できる」というもの。

サブ枠にブラッドコードを設定する(以下「サブブラッド」と呼ぶ)ことによって起こる変化は以下の通り。

  • サブブラッドにもLvが存在し、メインブラッド同様にLvを上げられる。
  • サブブラッドのLvが上がると、メインブラッド同様最大HPが上がったり、スキルを習得したりする。
  • 獲得経験値はメインブラッドに2/3、サブブラッドに1/3の割合で分配されて加算される。
    • つまりサブブラッドを設定すると成長が若干遅くなる
  • 最大HPはメインブラッドの最大HPとサブブラッドの最大HPとの合計になる。
  • サブブラッドのスキルの習得および効果は、たいていの場合、サブブラッドのレベルに依存する。
  • サブブラッドのスペルの習得は、サブブラッドのレベルに依存する。ただし、威力に関わる「呪攻」の成長度合いはメインブラッドに依存する。
  • スペルの使用回数もメイン/サブ共に加算される。ただし20は越えない(前作では10止まりだった)。
  • アイテムの装備可能条件は、メインブラッドとそのLvに依存する。

従来のサブブラッドシステムとの違いは、

  • サブブラッド側の各種制限が大幅緩和。
  • サブブラッドにも経験値が入るようになり、メインとサブが同時に育成出来るように。

この変更により、育成済み職業の能力継承システムから、複数職業の兼任システムに変化している。

クロスブラッドシステムの導入 Edit

  • ゲーム開始から使用可能。

クロスブラッドシステムのメリット Edit

  • 組合せが多彩で個性・こだわりを出しやすい。
  • メインBCと異なるブラッドのスキルやスペルが使えるようになり、スキルの相乗効果で戦闘力がさらに高くなる。
    • 例:二刀流王騎士、プロヴィデンス射術士、リフレッシュ&マナリアライズ搭載魔術士 etc...
  • 既に育成済みの高レベルBCをサブブラッドに設定した場合、低レベルBCの育成時でもHPを稼げる
  • メイン魔、サブ魔といった感じに、同じBCメインとサブにつけると低レベル時でも最大MPを稼げる。

クロスブラッドシステムのデメリット Edit

  • 育成にさらなる時間と労力を必要とする。
    • 最低2つのブラッドコードのLvを上げなくてはならない。
    • メインとサブで獲得経験値が分配されるため、メインブラッドのレベルアップが遅れる。

クロスブラッド(サブブラッド)考察 Edit

サブブラッドに設定した場合の性能あれこれ

サブブラッド-戦術士 Edit

ラッシュ系スキルを習得し、確実に火力増加が見込める。
ただし戦術士最大の利点は装備品なので、サブブラッドとしては微妙か?
ラッシュ系スキルにピアースの追撃を乗せられる射術士との相性は良好。

スキル名タイプ習得Lv効果備考
ラッシュアクティブLv 7ランダム3回連続攻撃
ファイナルガッツパッシブLv 14致死のダメージを耐える耐えた後はHP1
バーサクアクティブLv 21ランダム5回連続攻撃TH+5の修正
スマッシュアクティブLv 28単体敵に大打撃。命中低下
ジェノサイドアクティブLv 35ランダム7回連続攻撃TH+10の修正

サブブラッド-魔術士 Edit

サブにつけるだけでアンチエナジー効果を得られるため、PLエナジーをケチることもできるが、
それ目当てで前衛のサブに選択するのはあまりオススメできない。
基本的には後衛につけるべきサブBCだろう。
低レベル帯ではあまりパッとしないものの、高位スペルおよびファストキャスト習得あたりから
大化けするという点ではメイン設定時と同じ。

  • WIZコード習得Lv
    WIZコード習得LvWIZコード習得Lv
    レベル1Lv 1レベル5Lv 15
    レベル2Lv 3レベル6Lv 21
    レベル3Lv 6レベル7Lv 28
    レベル4Lv 10レベル8Lv 36
スキル名タイプ習得Lv効果備考
アンチエナジーパッシブLv 1種別特性「超常体」付与
ブートキャストアクティブLv 7マナを放出して攻撃
マジックバーストアクティブLv 14次の1回だけスペル強化前ターンでの集中必須
オートバーストWパッシブLv 22WIZコードのみ常時強化他のスペル強化と効果が重複
ファストキャストアクティブLv 34同一スペルを2回連続で発動するMP消費も2倍、使用できないスペルもある

サブブラッド-聖術士 Edit

やはり一番の魅力はリフレッシュ&マナリアライズ。
スペルユーザー系のBCと組みあわせれば非常に心強い。
特に魔術士との相性はよく、マナリアライズを使えるようになれば、ほぼ無限にスペルが使用可能になる。

  • HEALコード習得Lv
    HEALコード習得LvHEALコード習得Lv
    レベル1Lv 1レベル5Lv 15
    レベル2Lv 3レベル6Lv 21
    レベル3Lv 6レベル7Lv 28
    レベル4Lv 10レベル8Lv 36
スキル名タイプ習得Lv効果備考
リフレッシュパッシブLv 7迷宮内移動中にMP回復
マナデコードアクティブLv 14別隊員と自分のMPを入れ替える
マナシールドアクティブLv 21攻撃を防ぐ障壁を発生強度はレベル依存
オートバーストHパッシブLv 28HEALコードのみ常時強化他のスペル強化と効果が重複
マナリアライズパッシブLv 35戦闘中にMP回復神41で毎ターンMP回復

サブブラッド-学術士 Edit

何はなくとも学術技能強化とサルベージ。これに尽きる。
序盤では罠解除および識別の失敗が目立つためストレスが貯まりがちだが、
中盤~本編クリアレベルあたりからはサブ学術士でも問題なくこなせる。
戦闘能力はあまり上昇しないが、便利なスペルを習得するため役に立つ。

  • PSIコード習得Lv
    PSIコード習得LvPSIコード習得Lv
    レベル1Lv 1レベル5Lv 15
    レベル2Lv 3レベル6Lv 21
    レベル3Lv 6レベル7Lv 28
    レベル4Lv 10レベル8Lv 36
スキル名タイプ習得Lv効果備考
学術技能強化パッシブLv 1罠の識別・解除がしやすくなる
ファストユーズIアクティブLv 8同じアイテムを2個連続使用
オープンディスクパッシブLv 15戦闘時、サブディスクのアイテムを選択&使用可能
サルベージパッシブLv 22アイテムドロップ率上昇
ファストユーズIIアクティブLv 29同じアイテムを3個連続使用
ファストユーズIIIアクティブLv 36同じアイテムを5個連続使用

サブブラッド-射術士 Edit

これまでは全てのスキルが弓矢装備時にしか適用されなかったため、
サブブラッド射術士という選択肢はほぼありえなかったのだが、超集中の追加された
今作では有力な選択肢の一つになった。ただし、超集中は「ダメージを受けると途切れる」
ため、何らかの防御手段を用意してやる必要がある。
また、狙撃系スキルは弓矢装備時にしか適用されないため、射術士本来の性能を
発揮するのは難しいところ。集中を使って戦うBCや、槍メインで戦う王騎士あたりに
サブブラッド射術士をつけるといいだろう。

スキル名タイプ習得Lv効果備考
エイミングパッシブLv 4同列内から攻撃する敵を選べる契約にも適用
狙撃アクティブLv 7「戦う」が「狙撃」になってパワーアップ弓矢装備時のみ
ピアースパッシブLv 14弓矢、槍での攻撃時に一定確率で貫通し、後列の敵にもダメージ斬り込み、修羅を除くほぼ全ての物理攻撃に適用
槍で発動した時、ピアースが射程外の場合不発する。
乱れ撃ちアクティブLv 21威力は低下するが、ランダムに3回攻撃TH変動なし、威力半減
超狙撃アクティブLv 28強化された狙撃を放つダメージを受けるまで連続して使用可能。アボイドダウンが追加発動
事前の超集中。弓矢装備時のみ

サブブラッド-武術士 Edit

デュアル&マルチウェポンによる戦力補強や、斬り込みによる全体攻撃などが魅力。
修羅も便利だが、リスクもある点には要注意。
ほぼ全ての前衛BC、特に戦術士、王騎士、暗術士との相性が良好。

スキル名タイプ習得Lv効果備考
斬り込み 壱アクティブLv 7最前列の敵全てを攻撃二刀流時は一方の武器レンジが届けば、もう一方の武器も届く
デュアルウェポンパッシブLv 10二刀流が強化される持ち手が「主」の武器をサブ側に装備可能。ただし弓矢、鞭は除外
修羅 表式アクティブLv 14敵の攻撃が当たるまで連続攻撃
斬り込み 弐アクティブLv 21前から2列目までの敵全てを攻撃二刀流時は一方の武器レンジが届けば、もう一方の武器も届く
修羅 裏式アクティブLv 28自分か相手のどちらかが倒れるまで連続攻撃
斬り込み 参アクティブLv 35前から3列目までの敵全てを攻撃二刀流時は一方の武器レンジが届けば、もう一方の武器も届く
マルチウェポンパッシブLv 40二刀流がさらに強化される持ち手が「両」の武器を片手で扱える&サブ側に装備可能。ただし弓矢、鞭は除外

サブブラッド-王騎士 Edit

プロヴィデンスの存在がやはり大きい。
前衛系BCと組み合わせれば、より強力な一撃を繰り出せる。
中盤辺りから頻繁に出現する首持ち異形にもホーリーガードで対策できる。
フロントガードの暴発が唯一の難点。

スキル名タイプ習得Lv効果備考
アーマービルドパッシブLv 1一定レベル毎に防具装備時のDFが上昇する
フロントガードパッシブLv 4確率で後列への攻撃を庇う
プロヴィデンスアクティブLv 7防御を無視した捨て身攻撃AC+10 TH-10 DF0
イージスアクティブLv 14他の隊員への攻撃を庇うAC-5 超乱撃は防ぐことができない。
ホーリーガードパッシブLv 21躁鬱・クリティカル完全防御スペルによる即死は防げない
プロヴィデンスIIアクティブLv 28防御を無視した強力な捨て身攻撃AC+10 TH-20 DF0
アンチエナジー効果あり

サブブラッド-暗術士 Edit

神速によるAC補強や、必殺や暗撃など攻守揃ったスキルラインナップが魅力。
特に困らない、前衛BCでどれをつけたらいいか迷う、というならコレ。

スキル名タイプ習得Lv効果備考
神速パッシブLv 1一定レベル毎にAC強化
必殺パッシブLv 3自身の物理攻撃を強化
暗撃 迅アクティブLv 7奇襲攻撃を繰り出す戦闘開始時高確率で自動で隠れる
空蝉パッシブLv 17攻撃を受け流す。確率で発動
暗撃 斬アクティブLv 27強化された暗撃を繰り出す戦闘開始時高確率で自動で隠れる

サブブラッド-拳法士 Edit

鉄壁と反撃が売りのサブブラッド。特に王騎士との相性はバツグンで、
イージスで仲間をかばいつつ反撃、さらに鉄壁で被ダメージも軽減できる。
連撃による単体火力スキルもあり、攻守備えた選択と言えるだろう。
低レベル時で必要スキルが出揃うので、サブブラッドの恩恵を受けやすいのもポイント。

スキル名タイプ習得Lv効果備考
鉄壁パッシブLv 1DF強化。たまにダメージ半減
素手攻撃強化パッシブLv 1Lvに応じて素手攻撃が強化
反撃パッシブLv 4一定確率で反撃を行う
連撃三段アクティブLv 7同一の敵に3回連続攻撃
連撃四段アクティブLv 21同一の敵に4回連続攻撃TH+5
連撃五段アクティブLv 35同一の敵に5回連続攻撃TH+10

サブブラッド-召術士 Edit

Lv1から契約などが使える点に注目。戦力が乏しい序盤では特に使える。
ただし今作では異形兵が逃亡するようになったため、召籠を使えるようになっても維持に手間がかかる。
物理TRANコードの存在と、ステータスに依存しない回復スペルの存在もあり
主に物理攻撃がメインとなる前衛BCとの相性は意外と良好。

  • TRANコード習得Lv
    TRANコード習得LvTRANコード習得Lv
    レベル1Lv 1レベル5Lv 15
    レベル2Lv 3レベル6Lv 21
    レベル3Lv 6レベル7Lv 28
    レベル4Lv 10レベル8Lv 36
スキル名タイプ召1習得Lv効果備考
契約アクティブLv 1敵を捕え、異形兵として使役する
邪視アクティブLv 1選択した敵の残HPをサーチ
解約アクティブLv 7契約した異形兵を解放する
陣印アクティブLv 14予備の異形兵と戦列交代
結界アクティブLv 21異形兵のHPと状態異常を回復、呪文抵抗・特殊抵抗強化
召籠パッシブLv 28迷宮を出ても異形兵が解約されない

サブブラッド-SIZ(サイズ) Edit

解放がクリア後となるのがネックだが、多彩な攻撃手段が得られるため、しっかり育てれば
使えるサブブラッド。デュアル&マルチウェポンと切り込み 弐、プロヴィデンスIIが同時に
得られるためお得感もあり。ウェポンビルドもSIZ専用。
全ての前衛BCとの相性が良好だが、一番は戦術士との組み合わせか。
強力な武器を二刀流にして斬り込めば、異形の屍の山が築かれる…ハズ。

スキル名タイプ習得Lv効果備考
ウェポンビルドパッシブLv 1武器装備時の攻撃力強化攻撃回数で除算される
ラッシュアクティブLv 7ランダム3回連続攻撃
デュアルウェポンパッシブLv 10二刀流が強化される主をサブとして扱えるようになる
ただし弓矢、鞭は除外
反撃パッシブLv 14一定確率で反撃を行う
斬り込み 弐アクティブLv 21前から2列目までの敵全てを攻撃二刀流時は一方の武器レンジが届けば、
もう一方の武器も届く
アンチブレイカーパッシブLv 25コードブレイク完全防御
プロヴィデンスIIアクティブLv 28防御を無視した強力な捨て身攻撃
連撃五段アクティブLv 35同一の敵に5回連続攻撃TH+10
マルチウェポンパッシブLv 40二刀流がさらに強化される両もサブとして扱えるようになる
ただし弓矢、鞭は除外

サブブラッド-RAS(ラス) Edit

召術士の上位版、という位置付けのBCなのだが、召術スキルをメインにしようと考えると、
サブブラッドに選択するのは少々疑問が残る。特に召籠が無いのはかなりの痛手。
その代わりパッシブスキルに有効なものが多い。特にサイコキネシスはRAS専用。
攻撃スキルではSIZに若干劣るものの、TRANコードがありテクニカルなサブブラッドである。

  • TRANコード習得Lv
    TRANコード習得LvTRANコード習得Lv
    レベル1Lv 3レベル5Lv 21
    レベル2Lv 6レベル6Lv 28
    レベル3Lv 10レベル7Lv 36
    レベル4Lv 15レベル8Lv 45
スキル名タイプ習得Lv効果備考
邪視アクティブLv 1選択した敵の残HPをサーチ
サイコキネシスパッシブLv 1攻撃の射程が無制限になる武器装備時のみ
エイミングパッシブLv 4同列内から攻撃する敵を選べる契約にも適用
契約アクティブLv 7敵を捕え、異形兵として使役する
連撃三段アクティブLv 14同一の敵に3回連続攻撃
空蝉パッシブLv 21確率で攻撃を受け流す
アンチブレイカーパッシブLv 25コードブレイク完全防御
スマッシュアクティブLv 28命中難、敵に大打撃

サブブラッド-ILITH(アイリス) Edit

3系統の魔法とコズミックライブが特徴のSB。
後衛職のサブに付けてSP貯め手段の確保&スペルマスターを目指すのがセオリーだが、
前衛のサブBCに選択する手も悪くない。
前衛系BCは呪攻成長は低いが、呪攻および特性値の影響を受けない補助スペルなら
問題なく使用可能。重要な補助スペルはWIZ/HEAL/PSIに満遍なくあるので、
サブILITHひとつで様々な局面に対応できるようになる。
また、躁鬱/首/コードブレイク完全耐性で「事故死」を予防、浮遊でTH/ACも強化可能。

  • WIZ、HEAL、PSIコード習得Lv
    各コード習得Lv各コード習得Lv
    レベル1Lv 3レベル5Lv 21
    レベル2Lv 6レベル6Lv 28
    レベル3Lv 10レベル7Lv 36
    レベル4Lv 15レベル8Lv 45
スキル名タイプ習得Lv効果備考
ホーリーガードパッシブLv 5躁鬱・クリティカル完全防御スペルによる即死は防げない
コズミックライブアクティブLv 10ユニオンゲージが増減する
オープンディスクパッシブLv 15戦闘時、サブディスクのアイテムを選択&使用可能
浮遊パッシブLv 20常に浮遊状態になるAC-5 TH-5
アンチブレイカーパッシブLv 25コードブレイク完全防御

コメント Edit



スポンサーリンク