ゲーム仕様や情報

Top / ゲーム仕様や情報

目次 Edit

全般 Edit

  • G-XTHシリーズの続編。
  • これまでのG-XTHや円卓とはゲームの方向性が大きく異なる。
    • 社長ブログの発言より

ゲームシステム Edit

変更点 Edit

  • 難易度の変更が無くなった。
    • こちらが強くなれば敵も強くなる。常に円卓のマスターモード状態。
    • 敵のレベル上限が99を突破した。
  • 特性値の上限が初期値+20にアップ。
    成長する結束値は50%止まりだが、最終的にはW-XTH2のΩ転生を超える特性値にまで成長させることが可能になった。
  • アビス探索中のオートセーブがなくなった
    • セーブに関してはアイテム「パワーレコーダー」を消費することで行えるが、貴重品かつ高価。
  • 新規アバターパーツ(キャラの顔グラ)の多数追加
    • G-XTHシリーズ仕様のアバターとクロスブラッド仕様のアバターを選択する方式に。
    • 未コードライズ時の制服姿が複数用意された。
  • 瀕死化、滅化からの復活が燃え尽きでない限り100%成功に仕様変更。
  • ブラッドシステムの仕様を大幅変更
    • 選択条件の必要特性値が廃止。(善、中、悪の要素は継続)
    • ブラッドコードと、その習得スキルの調整
      • 一部のブラッドに円卓っぽい仕様変更。
      • 王騎士、拳法士はHEALコードを習得しなくなった。
    • マスターレベルの廃止。(ブラッド毎にボーナスが増える方式に変更)
      ↑パッチでレベル上限が99まで解放されてマスターレベル(マスターボーナス)実装。
    • サブブラッドの経験値獲得システムも変更。
      メインに2/3、サブに1/3の経験値が分配される(1/2だった円卓方式とは違う)。
    • メインのレベルの半分までしか発揮できないG-XTHシリーズと違い、
      サブレベルも100%の力を発揮する円卓方式を採用。
      • ただし、装備品の装備可能条件はメインブラッドに依存する。
  • 装備品の強化がアイテムレベルまでしかできなくなった。
    • 序盤は初期装備+9強化が鉄板だったが、それができなくなった。
    • ドロップ品に限りランダムで上限を超える物が出現する。
  • 魔、聖、学のスペルを調整
    • 24のスペルが廃止され、各Lvのスペル数が3つずつとなった。
      • 地図表示スペル廃止。マップはいつでも見られる円卓仕様に。
      • 聖と学の間でスペルがかなり入れ替わっている(回復スペルは全て聖が、即死スペルは学が所持、など)。
      • 攻略の要となるスペルは高レベルスペルに変更された(浮遊スペル、バリアタイプスペル等)。
      • 毒、麻痺、鬱を治すスペルが廃止された(序盤はツールで回復させるためか)。
  • 異形兵が逃げ出すようになった(HPが減ると逃走率が上がる)。
  • 今まではSランク箱のみ空箱の時があったが、クロスブラッドではどのランクの箱でも空箱の時がある
    ↑パッチにより仕様変更され、空箱がほぼ出なくなった。
  • 弓矢の仕様が変更された
    • 今までは弓と矢の攻撃力を合算して計算していたが
      今作品では右手に弓、左手に矢と完全に分けられている
      そのため、左手に装備している矢の攻撃力だけは他のサブ武器同様、敏が25で100%威力発揮
      ↑表示だけで実際の威力、計算式は過去作品同様変更されていない。
  • ユニオンスキルのバーストアレイドでアイテム類使用時の威力が上がらなくなった(円卓仕様に変更)。
  • 万能だった空蝉効果に下方修正。
    • プロヴィデンス系スキル回避不可能、狙撃系回避不可能に変更。
    • 敵だけに限りダメージ系スペルを回避不可能に変更。
    • 敵防御時に発動する確率が75%程度に低下(過去のG-XTHシリーズでは95%で発動)。
  • 敵のプロヴィデンス系が、DF割合軽減に変更(過去のG-XTHシリーズではDF完全無視)。
  • 殆どの装備品から浮遊効果が削除された(ラストフロート習得前の27以下の装備が対象)。

改良点 Edit

  • 合成時のエフェクトが決定ボタンでキャンセルできるようになった
  • オプションに「コマンド記憶」が追加された
  • ソフトリセット時に警告メッセージが表示されるようになった(ONOFF切り替え可)
  • 契約時、契約できない異形の場合には「この異形は契約できないようだ」と表示されるようになった。
  • ウィップ系が明確に「二刀流できない」と説明されるようになった。
  • ユニーク品でも簡単にSO化できるようになった。
  • SO化する際、元の装備情報を引き継げるようになった。
    このため、良い品でもSO化がしやすくなった。(ただし分解時は初期化される)
  • データバンク内に限り、スタック数が従来の10個から99個に変更された。
  • ギャンブルコードがスタックできるように変更された。
  • 製品版では合成事故が発生しないようにスタートパッチで対応された。
  • ドロップ品の強化値が-3~+3から0~+現在のレベルキャップまでの間で変動するようになった。
    強力な装備がほしい場合は真っ先にレベルキャップを開放する方が良い。
  • 契約した異形兵が戦闘時、稀に噴出しで喋るようになった。
  • レベルアップ時のHP上昇が、完全に固定化された。(タイプ、ブラッド、基礎体力値で算出)
    あとから体を上げて行っても、レベル上昇毎に再計算されるので困ることもない。
  • G-XTHシリーズとは違い、特性値を振り分けてからHPが上昇するようになった。

発売前情報 Edit

  • 舞台はG-XTH CRの後のお話。アリスなど主要NPCは登場するが、周囲を取り巻く環境にはさまざまな変化が。
    • イラストが一新されているようだ。時には社長もビックリするほど。
  • アリスに代わる?新ヒロインが登場。
  • 「黒騎士」なる存在がアビスを徘徊している、らしい。黒騎士のイラストは社長ブログで見られる。
  • シナリオ進捗度に応じて、レベルキャップが細かく設定されているようだ(3Lv刻み?)
  • CRのサブブラッドシステムを改良し、「クロスブラッドシステム」になった、らしい。
    円卓のサブクラスの仕様も少し入っているようだ。
  • 新ブラッドコードは残念ながら追加なし。
  • 各BCのスキルなども調整が入っている模様。射術士強化の予感(円卓にあったスキル「乱れ撃ち」が追加され威力も上方修正、超狙撃の持続条件が「敵にトドメを刺せれば持続→敵から攻撃を受けるまで持続」に変更?)。
  • 「手配異形」なる敵が登場。メタルマックスの賞金首システムに近い物か?
  • 新規アバターパーツが増加。旧作のアバターパーツも使用可能。
    • 1キャラに新旧アバターパーツを混合させるのは仕様上無理なので、1キャラ毎に
      新旧どちらのアバターを使うか選択させるシステムに。
  • 不正落ち対策や戦闘中のコマンド記憶など、地味だがうれしい仕様追加も。
  • 略称は「クロブラ」。「黒ブラ」と呼ぶ人もいる。←開発スタッフまで言い出すありさま。
  • 初版には特典がつくらしい。
    • 初回特典:クロスブラッドサウンド(CDかMP3で検討中)
    • 弊社特典:アイテムDLコード,オリジナルメモ帳またはオリジナル付箋
  • 関連商品として、データ集をDL販売予定

スポンサーリンク