ネタバレ

Top / ネタバレ

目次





ネタバレだらけのページです。閲覧注意。





人物

エミリアの過去

生まれてすぐ両親を亡くしたため、ガーディアンズの養育施設で育てられた。
あらゆる点でどんな学者の追随を許さないほどの「演算・分析・記憶能力」を持った
天才少女であったゆえに、普通の子供のように適齢になっても里親に引き取らせることなく、
ガーディアンズの研究者の誰もがエミリアの「能力」を奪い合った。

そして、彼女自身を演算のコアとして圧倒的な処理能力を持つ
生体コンピュータ「テンマ」を開発する計画が動き出した。
彼女自身には、計画の本質を伝えることなく「みんなのためになることなんだ」と教え込んで…。
テンマ計画はエミリアという1人の女の子を礎に実行に移された。
計画発動から6年、遅々として進まない計画にいらだっていた研究員に
厳しくあたられたこともあったが、それでも彼女は頑張り続けた。

当時の彼女は「自分のやっていることが、みんなのためになるのだ」と信じていて、
自分が不幸せだとは気付いていなかった。
14歳の年齢制限を満たしていなかったが、特別にガーディアンズ研究部に配属される。
ガーディアンズに所属はしていたものの、研究従事者ということで戦闘訓練などは受けていない。

3年前のSEED封印の際、ガーディアンズの学者として侵食惑星リュクロスに向かうことになる(当時13歳)
その時にSEEDフォームに襲われて周りに救助を求めるが、
「そいつはただの演算用部品だ!」と言って置いていかれ、
「自身の能力だけが必要とされていた」ことに気付いてしまい、ショックを受ける。
深い絶望の中、死にかけていたところをミカに助けられる
(エミリアによるとこの時に一度死んでいるらしいので、蘇生されたようなもの?)
その後、ガーディアンズへは戻らずふらふらしていたところを「ママさん」に拾われた。

ストーリー序盤にガーディアンズを毛嫌いしているのはこのため。
リュクロスの記憶が飛んでいたのは、ずっと信じていたものに裏切られ、
幼い彼女にとってはショックが大きすぎたから。

ガーディアンズ在籍中にルウの改装案を残していたらしく(本人曰く「落書き」)、
今作に登場するルウはその案を基にバージョンアップされている。
特に外観に、マガシ改修の際にも見られたエミリアの特殊な美意識と
価値観が反映されているが、ルウは気に入らない様子である。

クラウチって結局何者?

元は腕利きの警察官だった。そのころに同盟軍と合同で訓練を行ったとき
同じ隊だったウルスラとチェルシーと知り合いになる。
しかし正義感が強く、無鉄砲だったために逮捕した相手に逆恨みされ、家族を失う。
そのショックから酒に逃げ、自堕落な生活を送っていた。
それを見かねたウルスラによってリトルウィングに拾われた。
チェルシーからはシャッチョサンシャッチョサンいわれているが社長ではない。
チェルシーの働いていた店で、クラウチが自分のことを「社長だ」と言っていたため。

家族を失ってからは、2度と同じことを起こさないようにずっと1人でいようと
考えていたが、エミリアを引き取ったことでその目論見はズレ始める。
なるべく近づかずにいようと考えていたが、結局そうはいかなかった。
亡くした娘は年齢こそ違えど、突き放したくなるほどにエミリアと似ていたのだ。

ウルスラってどんな人?

大企業スカイクラッド社の社員であり、リトルウィングの責任者。
元々は社長秘書兼SPで、仕事の合間に様々な企画提案を行っていたのが評価され、
クラッド6の艦長になり、そして軍事会社リトルウィングを創設するに至る。
その経営手腕は非常に優秀で、様々な分野にて活躍しているキャリアウーマン。
リゾート地区を含めたコロニー内のスカイクラッド社関連企業の運営、
ファッションデザイナー、リトルウィングの社長業務……など、多岐に渡る。

チェルシーとは同盟軍時代からの付き合いで、非常に仲が良く、仕事についてよく相談をしている。
チェルシーがウルスラのことをウルと呼んだり、ボスと呼んだりしていることで分かるが、
オンとオフの切り替えはしっかりしている。

同盟軍の中でも相当厳しい場所でしごかれていた。
感情を押し殺すことに慣れてしまい、素直になれずにいた当時を思い返してため息を吐くことがしばしば。
だが今も同じく、素直になれずにいるので相変わらずため息を吐いている。
そういう意味で感情をストレートに出すエミリアを密かに羨ましく思っている。

クラウチをリトルウィングへ誘ったのは昔の知り合いという事実以上の理由がある。

チェルシーの秘密

ストーリー中で語られる「ママのお店」で働く前は同盟軍に所属し教導官を務めていた。
女だてらに相当な鬼教官振りだったらしく、当時は恐怖と畏敬を以って
硝煙女帝(ガンメタルエンプレス)と言う二つ名を捧げられていた。
しかし、あるとき突如退役し、お水の嬢として真逆の道を歩み始める。動機は不詳。
ボディの改造だけでなく、声・イントネーションも意識的に変えているために
過去のチェルシーと今のチェルシーを結び付けられる者はほぼいない。
具体的にどれだけ恐れられていたかは、サイドストーリーでのカーツの反応を参照されたし。
そして不用意にその秘密を明かそうとする者も、もれなく彼女の恐怖に苛まれる事になるだろう。(本人談)

クラウチとウルスラの関係は?

元恋人。
ウルスラが同盟軍に所属していた頃にクラウチと出会った。

お互いが忙しくなってから疎遠になっていて、その間にクラウチは別の女性と結婚し、子供を授かる。
ウルスラには何も伝えられておらず、しばらくして再会してみるとクラウチは既婚の子持ちになっており、
さすがに彼女は怒ったが「でも、幸せそうだったからまあいいか」と見守ることにした。

しかし鬼刑事と言われるほどのやり手だった彼が、ある事件を境に変貌してしまう。
かつて自分が逮捕した男に逆恨みされ、彼の家族を殺されてしまったのだ。
彼は自分の大切なものを見失い、本当に大切なものを何も守れていなかったことに絶望。

妻子を亡くしてから警察を退職し、
来る日も来る日もバーで酒を飲み、荒れていたところでクラウチとウルスラは再会。
クラウチのあまりの変貌ぶりに、ウルスラは「そんな無様な姿を見せるな!」と激昂、店で大暴れした。

その後、軍事会社リトルウィングまで立ち上げて、シャッチョサンをスカウトして……一途なヒトよねー。
詳しくは、ストーリーミッション第9章で。

ルミアの兄って?

イーサン・ウェーバー。PSUシリーズの主人公の1人。たびたび話題になるSEED事変を解決に導いた英雄。
またサイドストーリーで出会うことが可能。

ルミアがマガシになついているのはなんで?

PSUイルミナスの野望EP3のマガシ&ヴィヴィアンルートで、
ルミアとマガシがダーク・ファルスの依代にされるというストーリーがある。
主人公とヴィヴィアンによりダーク・ファルスは撃破されるが、
そのダーク・ファルス消失の際にルミアは自身がダーク・ファルスの異空間に
取り残される事を覚悟でマガシをダーク・ファルスから分離させる。
その後ルミアはマガシのサポートを得た主人公により無事救出される。
その際ルミアに助けられたという事実と、ルミアの「おじさん」
「マガシはツンデレ」発言によりマガシに天敵と認識された。

詳細はこちらで確認可能。
http://zoome.jp/azm/diary/5

カレンがなんでいるの?

PSUではミレイの替え玉として活動していたが、
SEED事変後に本物のミレイ・ミクナがすでに死亡していたことを公表しガーディアンズに復職している。
ただし「幻視の巫女」への信仰は未だに失われておらず、必要とあれば巫女としての活動もしている様子。

ライア(「PSU イルミナスの野望」主人公)ってどうしてるの?

「PSU イルミナスの野望」EP3でガーディアンズ総裁に就任。
今作ではストーリーミッションとサイドストーリーの一部で、会話イベントにのみ登場。

シズルとナツメ

インヘルト社代表ナツメ・シュウとその息子のシズル・シュウ。

ナツメ
亜空間理論の提唱者であり、息子のシズルと共に亜空間装置の開発を社を挙げて行っていた。
しかし、シズルがカムハーンに乗っ取られた後に目的は亜空間マガハラへの接続と成り代わったが、
それを知らなかったナツメは知らず知らずの内にその手伝いをしてしまった。
亜空間装置の調整がシズルにしか出来なかったことが災いし、
ナツメがその意図に気付いた頃には既に手遅れで、すべてがカムハーンの思うがままになっていた。
シズル
亜空間装置の膨大な演算を成し得るなど、生まれながらにして天才的な頭脳を持ち、
「グラールのために」と邁進する父親を誇りに思い支えていた。
亜空間理論の実験を行ってから、言葉の端々に不自然さが見られるようになったのは
この時点でカムハーンに体を乗っ取られてしまっていたため。
最初に主人公達の前に現れる頃には、シズルの人格は抑えこまれてしまっている。

親子ともども黒系のコートで、カムハーンから解放されても服装がそのままなところを見ると、
前はだけコートはシズル自身の趣味か(クライアントオーダー「天才たちの飛躍」で
服だけではなくレンゴクトウ共々自分の趣味であるという事を話している)。

ミカとカムハーン

太陽妃(妻)と太陽王(夫)で夫婦。

ミカ
カムハーンに物怖じせず態度を一貫して変えなかったことで、
逆にカムハーンに見初められ妃となった。
数多くの妃の1人に過ぎなかったが、他の妃と違いなかなか屈服しなかったため、
カムハーンに弄ばれることになる。
たとえ殺されて肉体を失っても、最後まで彼に屈服することはなかった。
ミカの体は、現代のヒトの素体になっている。
カムハーン
旧文明人の頂点にして、絶対的な王。
太陽王と呼ばれ、当時の人々からは畏敬の念を抱かれていた。
それはSEEDというグラールを滅ぼしかねない脅威の襲来を当時の人々に
カムハーン自身を打倒する絶好の機会だと認識させ、大規模な内乱を起こしてしまう程。
圧倒的な力を振るい、独裁をしいていたという。
独占欲・支配欲が強く、プライドも高い。
数多の時を経て、なおも全てを支配しようと目論むほどである。
ゲーム中にその当時の姿は出てこない。

物体・現象・組織・計画

SEEDって結局何?

3惑星の同盟締結100周年に突然グラール太陽系に飛来した、侵略を目的としていると思われる存在。
宇宙空間を自在に飛行し、惑星表面やコロニーに落着する。
落着後、土壌や原生生物を侵食、変化させる。
その後の研究で、Aフォトンに引き寄せられる性質を持つ事が判明。
Aフォトン濃度の高いレリクス周辺に、SEEDの落着がたびたび観測されていたのはそのせいとされている。
侵食された原生生物も便宜上、SEEDと呼ばれる事もある。

3年前の完全な合の時によるSEED封印のおかげで、現在SEEDは完全に封印されている。
本ゲーム中に登場するSEEDはVRか「記憶の具現化」による偽物である。

  • PSU最終章より
    その実態はダーク・ファルスが自分以外の全ての生命体を滅ぼすために生み出した存在。
    ハウザーの話によれば真にSEEDの力を解放させるにはダーク・ファルスの存在が不可欠との事だが、
    ダーク・ファルスの完全復活直前に全HIVEと殆どのSEEDが封印されてダーク・ファルス自身も
    完全復活を果たした直後に倒された為、SEEDが完全復活する事は無かった。
    ダルク・ファキスはSEEDを生み出す存在の名称としてエンドラム機関が名づけた物で
    ダーク・ファルスとダルク・ファキスは似ているが別物で、ダルク・ファキスはダーク・ファルスの劣化コピー。

テンマ計画

かつて、ガーディアンズ総合研究部にて秘密裏に進められていた計画。
ガーディアンズの組織改変時(ライア総裁就任以降)に計画が発覚した後、即時凍結がなされた。
ただし、その適合接続者のエミリアは既に姿を消した後だった。

  • テンマ
    生まれながらにして未曾有の演算能力を持っていたエミリアの力を
    最大限に利用するために作られた生体コンピュータ。
    エミリア自身を直結し、その処理能力を機械的に最大限まで引き出すもの。
    テンマ計画用の隔離施設はテンマ計画凍結から3年間、誰も立ち入っていなかった。
    桁違いの演算能力を発揮する反面、接続者に多大な負担を強いるために、
    本来ならエミリアにとって苦痛でしかない。
    しかし、短期間でアライブを作ることが出来たのは、このコンピュータが残っていたおかげである。

マガハラ

亜空間の中に無数に点在する空間の1つ。
旧文明人の眠る場所で、数多の旧文明人が復活の時を待っている。
周囲では近づくだけで仮死化が起こってしまい、八方手詰まりだったが
グラール中の組織や人が協力したお陰で中に潜入出来るようになる。
中は幼少時のシズルの記憶が具現化されていて、ニューデイズの城郭が存在する。
天守閣に登る途中での死のイメージの具現化……ダーク・ファルスの具現化は、
ミカの強い死の意識によるものだった。

アライブ

亜空間発生装置から放出される「死の意識」を「生の意識」に上書きするため、
テンマを使って作られたシステム。
死の意識に触れると仮死化してしまう現象を解消できるが、規模が狭い。
名付けたのはナツメ・シュウ。

アライブ砲
クラッド6バトルモードにした状態でアライブを1点照射可能な状態にしたもの。
ユート1人の「生の意識」では、クラッド6のリミッターを解除して
増幅炉の出力を限界まで上げても照射時間が足りなかった。
が、サイドストーリーでのこともあり、ガーディアンズ総裁のライア・マルチネス、
同盟軍総司令官のフルエン・カーツ、グラール教団幻視の巫女のミレイ・ミクナ(カレン・エラ)の演説、
そして現地に向かう者の代表として、エミリアがグラール中の人に
「生きたい」という強い意思を持ってほしいと呼びかけ、
グラール中の「生の意識」を集めて照射時間の問題をクリアすることができた。

サイドストーリーやストーリー10章を参考のこと。

クラッド6バトルモード

その名の通り、クラッド6の戦闘形態。
本来はスカイクラッド社の重役全員の承認が必要なほどに大掛かりなもの。
電飾やリゾートブロックのある外縁部を切り離して中央部のみとなり、
そこから翼のようなパーツを展開することで宇宙船のような形態となる。
リゾート型コロニーのクラッド6になぜこのモードが存在するのかは不明だが、
グラールの危機を前にしてもなお、
スカイクラッド社の上層部が使用を躊躇していた事を考えると、真っ当な理由ではなさそうである。
クラッド6のトランスフォームはリゾートブロックを切り離して行うものなので、
使用・修復を含めると莫大な経費がかかると思われる。…これが躊躇していた理由?

小ネタ:トロとクロのPS冒険日記

トロは悪いモンスターじゃないニャ!

ドラクエシリーズのスライムの台詞。

あなたはひょっとして・・・傭兵さんですかニャ?

PSOの登場キャラ、スゥの台詞。

モンスターかと思って緊張したみャ

ファンタシースターZEROのキャラ、カイの台詞
「エネミーかと思って緊張したぜ」

SCEの限界を超えて

「みっくみくにしてあげる(初音ミク)」の歌詞「科学の限界を超えて~」。
また、トロ・ステーションでも同様のセリフを言った事がある。

ドゴォォン

PSUの武器強化における強化失敗時の爆発音。
PSPoシリーズでも肉系武器の強化失敗時に限り発生する。

クロ・ワッサン号は使い捨ての実験兵器じゃないみャ!

PSUエピソード1のイーサンの台詞「俺たちは使い捨ての実験動物じゃない」。

この世に謝ってすむことなんざほとんどねぇよ

PSPo2第3章のクラウチの台詞。これはほぼそのまんま。

アスタァァァークッ!!

PSUエピソード3 第3章のルツの台詞「現れ出でよ!!アルテラツゴォォォーグ!!」。

アイスアイスアイス>みんな

PSOのワードセレクト機能で連打すると出てくるセリフ。
ツインブランド+99ほしい>みんな

ご理解とご協力をいただ(ry

PSU開始時より不具合が多かった頃のソニックチームの定型文。
世間一般的にもよく用いられる定型文だが、
理解と協力を得たところで頻発するトラブルは収まらず、むしろユーザーの失笑を買うハメに。

ぶるぁあああああああ!!

マガシのセリフ…というより、元ネタは声優の若本氏独自の掛け声。
ドラゴンボールZに登場したセルの叫び声で一気に有名になり、この役で出演して以降、
若本氏=ぶるぁ(ryのイメージが定着してしまい、他の配役でもこのセリフを言っていることがある。
また、今作でも「マガナ・スレイヤー」という武器を振るうことで彼の叫び声を聞ける。

し、しまった つい力が・・・!大変なことをしてしまったぁ!

PSUエピソード1 第7章のドウギ・ミクナのセリフ。
本来ならこの回は涙を誘うシーンであるはずなのだが、あまりにもあまりな展開と
このセリフによりほぼネタ化してしまった感がある。

おなかすいちゃった

PSO EP4のルピカのセリフ。

ありがとう!今のテクニッk(ry

PSUエピソード1のイーサンのセリフ「ありがとう!今のテクニック?」。
さる重要人物の乗る車との接触事故に遭った直後、その人物にレスタを施された際に聞ける。
ついさっき車に轢かれたばかりだというのにこの緊張感のなさ。

クハハハッ!

PSOのキリークの笑い方。
どうした?攻撃が当たらないのか?

「おいこれ強す」

初出はPSPo2公式ブログ
TGS版のディ・ラガンに負けすぎたT隊長が「おいこれ強すぎねえか?」と尋ねたものの軽く流され、
その後10回は負けた際の

「おいこれ強す」※以後繰り返し

から。

その後公式サイトのチャレンジモードの画面写真(お墓システム)で遺言として使用されたり、
「おいこれ面白す」等の派生も生まれた。

ED以降

EDから1年後のメインキャラクター達の動向(共通ED)

  • プレイヤーキャラ
    昇進できるという話を蹴り、エミリアと一緒に現場で働くことを選んだ。
  • エミリア
    パーシバル姓からミュラー姓に変え、正式にクラウチの娘として籍を入れた。
    名前の後ろに博士をつけられるようになったが、本人の気質は特に変わっていない。
    今まで通りにミッションをこなしつつ、たまに亜空間研究も手伝いに行っている。
    これからも、リトルウィングの一員、そしてかけがえのない家族として、
    パートナーの主人公とミッションをこなしていく。
  • ユート
    カーシュ族の村に帰ったが、ちょくちょくリトルウィングに遊びに来ている。
    大地神さまは取り戻せなかったが、それに代わるほどの体験や関係を持てたので満足している様子。
    リトルウィングによく来るのは、村では食べられないプリン狙いであるという噂。
    1年前と比べると身長が伸びたらしく、まだまだ成長期といった感じ。
  • クラウチ
    ウルスラと結婚し、エミリアを正式に娘として引き取った。
    ウルスラの後任としてリトルウィングの社長になった。 守りたいものを見つけ、やる気に満ち溢れている。
  • ウルスラ
    アライブ発射時にクラッド6バトルモードを独断で発動させたため、
    その責任を取ってスカイクラッド社を辞めることになる。
    ただし「こんなカタブツだらけの会社、こっちから辞めてやる」くらいの勢いだった。
    が、アライブ発射のために切り離したクラッド6の各部位を元通りにしたり、
    リトルウィングの運営・管理をクラウチにキッチリ引き継いで辞めた辺りは、やはりデキる人。
    その後、クラウチと結婚した。
  • チェルシー
    クラッド6リゾート地区に念願の自分の店を持ち、リトルウィングの業務と合わせて頑張っている。
  • トニオとリィナ
    これから挙式をする予定らしい。
    少なくともサイドストーリーから1年以上経っているので、子供は産まれていると思われる。
  • ルミア
    教官ライセンスを取り、新人ガーディアン相手に鬼教官ぶりを発揮している様子。
    そのことでトニオやリィナにからかわれている。
    現在も合うたびに口喧嘩をする等あるもののエミリアと仲良くしている。

EDから1年後のメインキャラクター達の動向(ノーマルED)

  • シズル
    第10章 Act2にて意識を乗っ取ったカムハーンを追いだすため自刃し他界。
  • ナツメ
    事件によって息子を失い、会長を退任しニューデイズに隠居。

EDから1年後のメインキャラクター達の動向(グッドED)

  • ナツメとシズル
    一旦は亜空間研究を悪用したとして逮捕されるものの、
    ガーディアンズの調査やリトルウィングの弁護の甲斐あって、執行猶予がつけられた。
    2人で亜空間研究を再開させている。
  • ミカ
    亜空間から切り離したカムハーンを連れ、眠りについた。(消滅…?)

EDから1年後のメインキャラクター達の動向(トゥルーED)

トゥルーエンドでは最後にムービーが追加される。

  • プレイヤーキャラ
    後にエミリアと共に亜空間航行でマガハラへと旅立つ
  • エミリア
    ミッションを主人公と受けながら亜空間研究を進めている。
    後に主人公と共に亜空間航行でマガハラへと旅立つ。
    目的はテティの花をマガハラに消えたミカに届けに行くようだ。
  • ユート
    最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人を惑星モトゥブから見上げていた。
  • クラウチ
    最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人をウルスラと寄り添いながら見送った。
  • ウルスラ
    最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人をクラウチと寄り添いながら見送った。
  • チェルシー
    最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人を自分のお店にて
    トニオとイーサンと共にニュースで見ていた。
  • トニオとリィナ
    トニオは最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人をチェルシーの店にて
    チェルシーとイーサンとニュースで見ていた。
  • ルミア
    最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人を惑星パルムから見上げていた。
  • ナツメとシズル
    一旦は亜空間を悪用したとして逮捕されるものの、ガーディアンズや
    リトルウィングの弁護の甲斐あって、執行猶予がつけられた。
    亜空間研究を一からやり直す模様。
    ED後、贖罪の為リトルウィング社からの依頼も受けつつ、
    エミリアと共に亜空間研究を続けている模様。
    最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人を惑星ニューデイズから2人で見上げていた。
  • イーサン
    最後のムービーにてマガハラへと旅立つ2人を、チェルシーの店で
    チェルシーとトニオとニュースで見ていた。
    前作キャラ、レオジーニョ・サントサ・ベラフォートもいる。
    サイドストーリーでチェルシーと約束していたからか。

※以上の記事については、筆者の憶測が含まれていることに注意。
作中ではエミリア達の行き先について「マガハラ」であるとは言及されおらず、
エミリアの「テティの花を届けに行く」という言葉は、
「有人による亜空間航行実験」を成功させ、技術を確立させた後の、
「近い将来いつか必ず」といった意味合いが含まれている可能性が高い。

ストーリー全体を通しての謎

  • ミカが「マガハラに繋ぐための鍵」だった理由
    • マガハラに繋ぐための鍵:リュクロスのレッドタブレットに眠っていたのがミカ。
      ミカがエミリアの中に移動した際、一緒に「鍵としての情報」も持ち出していた、
      とのこと。(設定資料集のコメントより)
    • マガハラに繋いだあとに、用済みになってしまった理由:
      本来、鍵とは扉を開けたり閉めたりするときに使うもの。
      一度開けた扉が今後「開けっ放し」でいいのなら、その鍵はもう「用済み」である。
  • ミカが、研究者であるにも関わらず戦闘能力をもつ理由
  • カムハーンがレッドタブレットの情報を集めていた理由
    • レッドタブレットの内容→亜空間の中にある無数の空間の中から、
      特にマガハラに繋ぐ為の情報(手順、座標、そして「鍵としての情報」など)である。
    • レッドタブレットの使用法→人格を記録できるほどの容量を持つものの、
      これ自体はただの記憶媒体にすぎない。
      記憶媒体である以上、それ以外の特殊な使用法は存在しない。
  • 亜空間と自己再生機能は何が違うのか:
    カムハーンは「マガハラにある旧文明人の精神」から
    「具現化現象」を利用してボディを具現化させていた。
    旧文明人の精神を次々と「使い捨てている」のであって「自己再生」しているわけではない。
    これは亜空間発生時の「記憶の具現化現象」と
    「マガハラに旧文明人が集まっていること」を利用した、いわばコンボ技。
    亜空間自体にこの効果があるわけではない。
  • 旧文明人の持っている能力

スポンサーリンク