その他/用語集/ハ行

Top / その他 / 用語集 / ハ行

ハ行

パートナーマシナリー

プレイヤーに忠実(?)な、可愛い子分。PSOでいうマグのようなものだが、
パーティーにおいてはNPCとして戦闘にも参加する。
ゲームにおける詳細はパートナーマシナリーのページを参照のこと。

バイブルック

ファミ通の攻略本、パーフェクトバイブルシリーズのこと。
由来はクバラ製品(低品質の模造クバラ装備)のックより。
あまりの間違いの多さよりPSUの頃からバイブルックと呼ばれており、
ファンタシースターポータブル2 パーフェクトバイブルでも間違いの多さは健在
攻略本を攻略する必要があるほどの状態である。

大丈夫?ファミ通の攻略本だよ?

爆殺

トラップ(主にEX)で敵を倒すこと。
ストーリーミッションならEXトラップにボマーをつけることで大概の敵を葬ることができ、効率がいい。
エリハムたちは日々ジェディンやらパルシャークやらを爆殺している、らしい。

ハゲ

ブルース・ダンジョンのこと。もしくはブルース本人のこと。または酒井氏のこと。

ロボット然とした外見を持つ男性のキャストの俗称で、愛称。
DC版PSOのレイキャストをルーツとする、制作サイドからも認知されている伝統的なあだ名である。
その伝統の一端として、「はこ」と入力することで『[゚д゚]』という顔文字の変換結果を得ることができる。

今となってはネタ化しているが、
初代PSOでは箱(レイキャスト)は端的に言って極端に弱い職であり、
ついでに足音がガッチャンガッチャンうるさい事から、箱がパーティに参加した際に
「箱は帰れ」と言われたというラグオル都市伝説から、「ハコモアイシテ!→帰れ」の掛け合いが生まれた。
似たようなポジションであったレイキャシールはとても愛されていた事もそんなエピソードを生み出した一端だろう。
そのため、あくまで「特定の外見を持つ男性のキャスト」のみを指すものであり、女性のキャストに対しての呼称ではない。

ちなみにPSOver2で改善されたが、当時の箱の防御力は低く「ダンボール箱で出来てんじゃないのか」
と揶揄された事があり、それが箱の語源だとも言われている。
そんな事を前提にレイキャストパーツの解説を読むと、少しやさしい気持ちになれるかもしれない。

[゚д゚] < ハコモアイシテ!

パシリ

2ちゃんねるのPSUスレッドを発祥とする、パートナーマシナリーの略称で、俗称。

だが、使いっぱしりの意味である「パシリ」と言葉がかぶるため
パートナーマシナリーを愛するユーザーの中にはよく思わない人もいるらしい。

バスク

黒ずくめの装甲に身を固めたキャストの男性で、フリーの傭兵。
ストーリーミッションの第1章において、プレイヤーキャラに最初に声をかけてくる。
後にリトルウィングの一員となり、クラッド6内ではバトルショップとスタイルショップの中間辺りを徘徊している。

キャスト(声の出演)が設定されており、非常に存在感が大きい割にはNPCとして活躍することもなく、
現状では不名誉な評価やキャラ付けをされていることが多い。
しかし、発言の内容は至極真っ当であり、元教育者らしい言葉の重みや暖かさを感じさせてくれる。

ちなみに公式人気投票で男性部門の2位になりPSP用壁紙が描き下ろされたが、もっぱらカッコいいとの評判である。

パターン

各ミッションにはエネミーの出現パターンが存在し、それぞれの場所によって出るモンスターが決まっている。
先に出た敵によって後に出現する敵に目星がつくため、「○○パターンでなければ放棄」等で良く使われる。

例えば「桜華でサイコウォンド掘り。ブーマパターンは放棄」と書いてある場合、
最初に出現する敵がアギータ×2、ブーマ×1のパターンとアギータ×1、ブーマ×2の2つがある。
前者の場合はコウマズリ(サイコウォンドを落とす)が多く出て、後者の場合はゴ・ブーマが多く出現する。
故にサイコウォンドを求めている人にとっては後者をやる意味が
殆ど無いため放棄される、と言った具合である。

ハムスター、ハム、ハムハム

特定ミッションの周回をひたすら繰り返すプレイヤー、またその行為のこと。
ハムスターが遊具(回転ホイール)で遊ぶ様になぞらえて、こう呼ばれるようになった。
このことから、周回を繰り返すことを指して「ハムる」「公る」「ハムハムする」などと言う。
また、周回を繰り返す能力に長けた者は「エリートハムスター」「エリハム」と呼ばれる。

散弾銃のスプレッドニードルの俗称で、略称は「スプニ」。
初出となるDC版PSOでは
ライフルのモーションで5WAY攻撃が可能、EX攻撃で麻痺付与、レンジャーだけでなくハンターも装備可能
という凶悪な性能を誇っていた。
続作ではレンジャー系キャラクターの専用装備となり、性能も調整されたが、
それでも尚レンジャーの3種の神器の1つとして数えられるだけの性能を維持している。

PSUおよびPSPoでは一般的な散弾銃のそれと変わらないが、その性能は今も尚最高水準にある。

バレット

射撃系フォトンアーツの総称。
バレットディスクを使用して習得した後、射撃武器にリンクさせることで使用が可能となる。
バレットによって攻撃力上昇、命中力上昇、長射程化、消費PP低減など、様々な効果を生む。

ピザ屋・ピザ

ピザハットとのコラボレーション要素として登場するピザ屋のことで、
ナウラのケーキ屋と同様にボスエリアのある特定のフィールドで一定の確率で出現する。

PSZにおける初登場時は「ココハット」という店名だったが、コラボ企画に当たって改名された。
制服が用意された事によって追加された髪型は、一部のプレイヤー間でピザ帽子とも呼ばれている。

ビス

ビーストの略称としての俗称。ビーストの男性は「ビス男」と呼ばれ、ビーストの女性は「ビス子」と呼ばれる。

ヒットコリジョン(Hit Collision)

攻撃が当たる部分のこと。いわゆる「当たり判定」。
どちらかといえばゲーム制作側の用語で、プレイヤー間ではあまり使われない言葉だが、
Fun!Fan!ファンタシースターポータブル2 第7回の中でライトニング菅沼氏が解説に用いている。

PSPo2ではプレイヤー間において一般的に、ヒットコリジョンを「ロック箇所」、
ヒットコリジョンが多い相手を「多ロック」と呼ぶ。

ヒュマ

ヒューマンの略称としての俗称。ヒューマンの男性は「ヒュマ男」と呼ばれ、ヒューマンの女性は「ヒュマ子」と呼ばれる。

ヒョウラー

即死武器サイカ・ヒョウリ(エクステンド)を扱うプレイヤーの中で、それしか使わない者のこと。
即死武器を使い効率を意識していると思われるが終始そればっかりで、かえって非効率というジレンマがある。

フォトン

グラール太陽系の空間に漂っている粒子(≠光子)。
フォトンを利用したエネルギーはグラール太陽系の文明の基盤となっている。
乗り物の動力源や宇宙船外壁のシールドなどの大型の物から、
セイバーやシールドラインといった個人用兵装まで、その用途は多岐に渡る。

フォトンアーツ

特殊技の総称で、略称はPA。PP(フォトンポイント)を消費して繰り出す。
打撃系は「スキル」、射撃系は「バレット」、法撃系は「テクニック」に分類され、
それぞれ、対応する武器にリンクする事で使用できる。
PSU・PSPoに比べ、同時習得の上限やレベルアップの方法などの変更点が多い。

フォトンポイント

PAや射撃系武器の通常攻撃を行う際に消費するポイント。
前作までは武器に設定されていたが、今作よりキャラクターの固有ステータスに変更された。
そのため、前作で有効だった「予備武器を多めに持ち込み、PPが切れた所で
武器を持ち変える」という戦法は使えなくなっている。

物欲センサー

アイテム収集の要素を持つ様々なゲームにおいて、プレイヤーが欲しいと思っている
アイテムに関連して作用し、該当アイテムの出現を阻害するとされるシステム。
PSPにおいてはスピーカーの穴がこれになっており、アイテムの出現時に
スピーカーの穴を塞ぐことでセンサーの起動を防ぐ、と言われている。
いわゆる迷信の類ではあるが、この存在を信じるプレイヤーは少なくない

これが発動した場合、具体的には「欲しいと思っているアイテムに限って手に入らない」
「欲しいと思っているアイテムとは別のものばかりが手に入る」といった状況に見舞われる。
また、物欲センサーに対抗しようと「俺は○○なんていらない!!」と
自己暗示するケースがあるが、結局センサーには勝てない。

ブラストゲージ

SUVウェポンやナノブラスト、ミラージュブラストを発動するために必要なゲージ。
敵にダメージを与えるか、敵からダメージを受けることで蓄積される。

フリューゲ

主にセラフィム・フリューゲ系のSUVウェポンを指す。
PTに回復蘇生&エクスシア・フリューゲでLV5相当の補助効果を与える。
シフタLV5は約25%上昇、ちなみにLV2:約14%上昇、LV3:約18%上昇。
デバンドLV5は約57%上昇、LV2:約42%上昇、LV3:約47%上昇。

ブレスパ

★14ナックルであるブレインスパイラルの略称。
消費PP80%さらに麻痺付きと性能も良く、そのロマン溢れるグラフィックからか、日々掘り続ける人が後を絶たない。

しかし、100周してもドロップしない人が普通にいる。

ブレデス

ブレードデストラクションのこと。
素早いモーションと高い倍率に加えそこそこのロック数があり小型・大型・ムービーボスを問わず使える。

しかし、そのあまりの強さ故にこのスキルを嫌い使わないプレイヤーも存在する。

フロウウェン、フロウウェンの大剣

PSOの登場人物。またPSOでも同名の武器が登場する。
PSPo2ではレッドラインとセット効果があるが、これはPSOでレッドリング・リコとフロウウェンが師弟関係にあったためか?

フロシュ

長銃フローズンシューターの略称で、PSOにおいてはレンジャーの3種の神器の1つに数えられる。
PSOでは100%の凍結率を誇っており、「Huが敵に近づく前にRaがフロシュで固めて
殲滅するから出番がない」との言葉もあった。

シリーズを重ねて弱体化されてはいるものの、今作でも高い凍結率を誇り、
主にサポート用の武器として重用されている。



スポンサーリンク