職業/僧

Top / 職業 / 僧

目次 Edit

概要 Edit

器用以外は平均以上の伸びを見せ、また技能も攻撃から回復・サポートと多彩な万能職。
ただ万能職の常として、分野ごとの専門職には適わないので注意。
特化の方向性は 攻撃を強化した僧兵 回復を強化した仏門 サポート・術技能を強化した密教
上位心得目録に準備無し無属性術(対象3体)が追加されたため、潜在項目の修羅及び修羅装備が不要になった。

生産品 Edit

僧といったら糸と紐。この素材での金策が非常に容易なため、生産では恵まれたポジションにある。
各種中間素材の他には、布系の頭装備や袋・絵画・茶器が生産可能。
袋・絵画は全職装備可能なので大変需要が高い。

僧兵(僧兵之武) Edit

近接物理系の性能が強化された特化。
もちろん僧本来の回復や補助の技能は使用可能なため、徒党によっては多様な動きが可能。
ただし攻撃も回復も本職の特化には一歩劣るので、活躍するためにはそれなりの努力が必要。
求められる能力は、高い攻撃力(腕力)と攻撃を安定させる器用さ
攻撃以外の補助技能が術扱いのため対沈黙用に”知力”、もちろん死なないために生命も必要
また回復もできる僧兵を目指すなら気合と魅力も必要になる。
万能型の特化だけに、どのステータスも要求される。育成難度はやや高い。


新星評価:
待望の結界破り技能が追加された。
また共通技能に複数攻撃の術(是生滅法)が追加されたため、戦略の幅は広まった。
回復ができるアタッカーとしてザコ戦では人気があるが、
ボスなどの強敵が相手の場合、攻撃も回復も力不足となってしまう場合が多い。


9月/10月アップデート評価:
待望の新攻撃技能「飛天発遣撃」が追加された。
僧兵連撃を超えるダメージで、覚醒が育てば僧兵連撃に変わるメイン攻撃にもなる。
ただし防御力が高い相手には僧兵連撃のほうがダメージがでることに注意
↑覚醒の育成をしていない状態での比較した結果であり誤り。

防御が高い相手には、閻魔撃が最も効果的なため、閻魔or飛天の使い分けが重要。

初期ステータス Edit

腕力
耐久C
器用
知力B
魅力B

:最重要・・・8以上できれば10まで割り振る
:重要・・・6以上割り振る
B:お好み・・・数ポイント割り振る、もしくは初期値のまま
C:必要なし・・・初期値のままでOK

武器選択 Edit

薙刀
命中補正+6、潜在能力(生命・気合・器用UP)、技能の反撃封じと優秀な要素が揃う。
反撃封じと奥義を利用可能な武器で最高の攻撃力を誇る。
槍よりも安価なため、初めての1本には最適。
回避補正+6、潜在能力(生命・気合・器用UP)、技能の反撃封じと装備補正は薙刀に近いが
薙刀と比べると攻撃力が20程度低いかわりに近接打撃のウェイトが1短いのが特徴。
現状の狩場では物理攻撃は低ウェイトであることが望まれるため、
武器を1種類だけ用意するならw-槍が最適。
棍棒
命中補正-2、潜在能力(生命・耐久・魅力UP)、武器のウェイトは薙刀と同じ。
利点は僧兵が装備出来る最大の攻撃力のみ。
薙刀・槍・棍棒、どの武器を選ぶかは個人の志向によるが、現状の技能では槍系武器が無難。

付与 Edit

生命
気合B
腕力
耐久C
器用B
知力
魅力B
属性C

:必須
:重要
B:付与があれば有利
C:付与の必要なし

目標とすべき能力値 Edit

  • LV60を超えたら下記のステータスを目標にするのが良い。

通常

生命5500
気合2900
攻撃力750
器用さレベルの4倍

仏門(仏門) Edit

回復性能が強化された特化。
回復特化である薬師の3特化と甲乙付けがたい性能に成長する。場面によっては薬師よりも有効なこともある。
求められる能力は、なによりも高い生命力。そして回復を効率よく行なうための知力と魅力
徒党の旗頭を任させることが多いので、防御力も必要になる。


新星評価:
医療杖術の分だけ薬3特化に劣るようになってしまったが、特化・共通技能ともに有用な技能が追加されている。
特に特化技能の「双掌冥護」は効果・消費気合ともに抜群の性能を誇り、場面によっては薬3特化よりも活躍が可能。特に拠点戦においては鉄壁の守りが可能。
是生滅法で対象の種族を死人にした後に破魔降伏で攻撃する事により、
終盤戦における殲滅速度向上にも貢献出来るようになった。


2011年2月アップデート評価:
「双掌冥護」の生命回復量が減少したが、微減に留まったので、今までと同じ活躍が可能。「蓮華」「全体蓮華」の回復量アップもうれしい。

初期ステータス Edit

腕力C
耐久
器用C
知力
魅力B

:最重要・・・8以上できれば10まで割り振る
:重要・・・6以上割り振る
B:お好み・・・数ポイント割り振る、もしくは初期値のまま
C:必要なし・・・初期値のままでOK

武器選択 Edit

錫杖
潜在能力(生命・知力・魅力UP)が後衛職にマッチする。回避補正+6も優秀。
棍棒
''潜在能力は生命・耐久・魅力UP。
防御力(耐久)を重視する人にはオススメ。
争覇の章までの定番の武器。回避補正+6、潜在能力(生命・気合・器用UP)が優秀。
錫杖の潜在項目に生命が追加されたため、利点が無くなった。

付与 Edit

生命
気合B
腕力C
耐久B
器用C
知力
魅力B
属性C

:必須
:重要
B:付与があれば有利
C:付与の必要なし

目標とすべき能力値 Edit

  • LV60を超えたら下記のステータスを目標にするのが良い。
  • 「新星の章」以前の一部ボスで「極楽全完戦法」を効率よく行うために、気合2900維持が有効。
    「新星の章」のボスは「極楽全完戦法」が通用しない(多くのボスが極楽破りの「戦雲の魁」を使用)ので、気合2900には拘らなくていいだろう。気合は装備で調整しよう。

通常

生命6500
気合3000
知力500
魅力350

密教(密教秘術) Edit

サポート・術性能が強化された特化。 サポート技能が非常に優秀で強敵との戦いでは非常に頼りになる。
求められる能力は、技能を連発してもガス欠しないために気合と知力。もちろん生命力も必要
狩りなら術攻撃主体になる場合が多いため、水か火の属性も付与したい
本領を発揮するには特化技能を最後まで覚えてからという大器晩成な特化。

初めて密教をするならその他/修羅装備を見ておくこと。


新星評価:
争覇での人気特化であったためか、追加技能はどれも控えめな性能。
と言っても、元々競合する特化(ライバル職)が少ないポジションなので、一部ボス戦でこれまでどおりの活躍が可能。
「新星の章」ボスの一部でも需要あり。
ただし、他ヒーラー特化と比べて純粋なヒーラーとしては劣るので、サブヒーラーとして立ち回ることになる。


2011年2月アップデート評価:
術耐性を大幅アップさせる技能「軍荼利明王法」が追加されたが、効果時間が短いので使いどころが難しい。
「蓮華」「全体蓮華」の回復量アップ、「智拳印・参」の有効回数アップ、「孔雀明王法」の効果時間延長はうれしい。

初期ステータス Edit

腕力C
耐久
器用C
知力
魅力B

:最重要・・・8以上できれば10まで割り振る
:重要・・・6以上割り振る
B:お好み・・・数ポイント割り振る、もしくは初期値のまま
C:必要なし・・・初期値のままでOK

武器選択 Edit

錫杖
潜在能力(生命・知力・魅力UP)が後衛職にマッチする。回避補正+6も優秀。
棍棒
潜在能力(生命・耐久・魅力UP)が優秀。
防御力(耐久)を重視する人は棍棒がオススメ。
争覇の章までの定番の武器。回避補正+6、潜在能力(生命・気合・器用UP)が優秀。
錫杖の潜在項目に生命が追加されたため利点が無くなった。

付与 Edit

生命
気合
腕力C
耐久B
器用C
知力
魅力B
属性

:必須
:重要
B:付与があれば有利
C:付与の必要なし

目標とすべき能力値 Edit

  • LV60を超えたら下記のステータスを目標にするのが良い。
  • 「新星の章」以前の一部ボスで「極楽全完戦法」を効率よく行うために、気合2900維持が有効。
    「新星の章」のボスは「極楽全完戦法」が通用しない(多くのボスが極楽破りの「戦雲の魁」を使用)ので、気合2900には拘らなくていいだろう。気合は装備で調整しよう。

通常

生命6500
気合3000
知力500
魅力350

スポンサーリンク

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS