その他/技能覚醒

Top / その他 / 技能覚醒

目次 Edit

技能覚醒詳細(外部リンク) Edit

技能覚醒のやり方や覚醒項目などは下記のリンクで確認のこと。

どの技能を覚醒させるのがいいのか Edit

使用頻度(実装頻度)が高い技能のうち自分が気に入った項目がある技能を覚醒させれば良い
常時使う技能を覚醒させるという事。

注意点:技能習得途中での覚醒設定 Edit

普段使う技能を覚醒とあるが、
まだ技能を全て覚えていない段階では、上位技能が存在する技能の覚醒はオススメしない

  • 例1:武士道
    • 下位技能:一所懸命・改 上位技能:一所懸命・極
  • 例2:秘伝忍法
    • 下位技能:空蝉の術 上位技能:空蝉の術・極

上記のように上位技能がある場合は、上位技能を覚えてから、その上位技能を覚醒させるとよい。
上位技能を覚えるまでは、その他の有用技能を覚醒させておけばよい。

注意:攻撃技能 Edit

  • 攻撃技能にも上位と下位は存在するが、上位技能を優先して覚醒させれば良いとは限らない。
  • 主な理由は命中率や消費気合の問題、対象の防御力の影響など。
    • 対象の防御力の影響の計算式などは初心者向けではない上に、
      解明されずに体感で語られている部分も多い為、除外する。
  • 例1:武芸 四連撃・改と五連撃・改
    • 四連撃・改より五連撃・改の方がダメージは大きいが、消費気合に大きな差があるのに対し、
      ダメージの差は最大でも攻撃力の半分程度と小さい。
  • 例2:暗殺 暗殺乱舞と紫燕殺
    • 最大ダメージは紫燕殺の方が高いが、非常に防御力の高い相手に攻撃した際のダメージは、
      暗殺乱舞の方が高くなる場合がある。

スポンサーリンク

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS