キャラクター/ジョブ

Top / キャラクター / ジョブ

新生β対応

目次

スポンサーリンク

概要

FFシリーズでおなじみのナイトや竜騎士などが登場。
ジョブはクラスの上位職ではなく「パーティプレイに特化したスタイル」という位置づけ。
ジョブになることで他クラスのアクション装備に対して制約がきつくなるかわりに、専用のアクションをクエストによって習得し使用することが可能になる。

例えば・・・

クラス:呪術師であればケアル(幻術のアクション)を使用することができる。
呪術師のジョブである黒魔道士になると、ケアルを使用できなくなる。
ただし、攻撃能力は黒魔道士のほうが優れる。

ジョブの取得方法

ジョブごとに必要なクラスを一定レベルまで上げ、ジョブ取得クエストをクリアする
対象のクエストをクリアすると、新たに対象のジョブになることが可能になる

ジョブ別の必要条件

ジョブ専用アクションの修得

ジョブ取得後に、連続発生するジョブクエストをクリアすることで1個ずつ修得していく。

クラス-ジョブの切替方法

装備スロットのソウルクリスタルの付け外しでクラスとジョブの変更が可能。

ジョブチェンジ後の変化

LVと経験値はクラスのデータがそのまま引き継がれる。

  1. ステータス(ベースパラメータ)の変化
    • ジョブチェンジすると、ステータスもジョブ用に自動的に変化する。
    • フィジカルボーナスは、メインクラスのものがそのままジョブへと引き継がれる
  2. アイテムの装備条件の変化
    • ジョブ専用のアイテムが装備可能になる。
    • 対応するクラスで装備可能なアイテムは、該当するジョブでも装備可能。
      • ただし、クラス専用アイテムは、ジョブでは装備できないので注意。
  3. ジョブ専用アクションが使用可能に
    • クエストなどで覚えたジョブ専用アクションが使用可能になる。
  4. 他クラスアクションの使用制限
    • ジョブでは、元となるクラスで習得したアクションは全て使用可能
      • 例えばナイトなら剣術のすべてのアクションが使える。
    • 他のクラスアクションに関しては特定のクラスのアクションしか使用できなくなる。

ページ上部へ戻る / index(TOP)へ戻る


スポンサーリンク