データ/錬金術師

Top / データ / 錬金術師

錬金呪文 Edit

  • レベル1のマハマハはライバルPTに遭遇した場合でも逃げられるため、
    錬金術師を入れない場合でも使えるように、キャラ作成→習得→即転職するといい。
    同レベル帯のロイドやポートルも便利だし、魔術&僧侶呪文と違って習得ペナルティも無いので、
    錬金呪文の習得キャラが多いほど戦術の幅が広がる。
    • 特に3回目以降のライバルPTは攻撃力が半端なく、早い段階で出会ってしまうと
      ほぼ間違いなく全滅するので、これで全滅を防げるようにするといい。
  • ハイポートルは宝箱を100%安全に開錠できる。調べるやポートルで罠を識別しておく必要はない。
    • ただし「女神の口付け」「玉手箱」での年齢調整や、「亡霊の群れ」で「暗滅の加護」発動させたい場合は人力開錠に頼ろう。
  • ブラッフィはラミアーフで解除可能だが、「盗賊技能」で隠れてる相手には無効。
    『使ったターン中は確実に隠れられるブラッフィ』(盗賊技能だとレベル差次第で失敗する)、
    『ラミアーフなどの外的手段で解除できない盗賊技能』(特に神影シンハニコル戦でこれを痛感するはず)と覚えておくといいだろう。
    • また「奇襲」は通常攻撃の代わりに出現するコマンド(通常攻撃の1.5倍ダメージ)だが、
      自動的に置き換わるのではなく、直接コマンド入力しないと「奇襲」しない点には注意。
      (自身にブラッフィを使う場合はともかく、他者にブラッフィを使う場合に問題になってくる)
  • ゼオナダルの仕様
    • 戦闘中に発動した呪文数(魔力解放の回数)に比例して威力が増加。
      50〜60回魔法を使った後のゼオナダルの破壊力は凄まじいものがある。
      その一方で1ターン目に使うと線香花火程度の威力しか無くなんとも貧相。
    • 「結界」や錬金術の呪文抵抗で防がれる事が無く絶対に命中し、無属性なのでダメージを軽減されない。
      • 逆に言うと、これを防ぐ手段は『他キャラにかばってもらう』や
        『ヴィッフィやブラッフィでターゲット指定を強制変更』しか方法が無い。
    • ラミアーフで威力を初期値に戻せる。敵のゼオナダルが痛いときに。
    • 錬金術師ならHM能力で基礎威力が上がる。
  • プリテクトラット
    • 指定したキャラのステータスを一つ選び1ポイント増加させる。
      既にステータスが全て最大(種族の基本値+10)だった場合は、自由に性格を変更できる。
      中立の性格を変更する/できる唯一の手段。
    • プリテクトラットを覚えた後に錬金呪文を覚えない職に転職後し、
      使用して忘れてしまった場合でも、レベルアップすれば再度覚えなおすので安心して使ってよい。
LV呪文名効果
1バムデウンブレスを吐いて攻撃。
基本的仕様はドラゴニュートのブレスと同様だが、敵前列が全滅していると後列に攻撃してくれる。
ロイド敵1体を高確率で麻痺させる。
麻痺のペナルティはかなりキツいため、Lv1の呪文とは思えないほどに効果が高い。
マハマハパーティー全員が確実に戦闘から逃走。
個別逃走システムのため意外と便利なのだが、
当然というか、イベント戦では無効な場合が多い。
ポートル宝箱の罠を識別する。
成功率はかなり高いが、稀に失敗することがあるので過信は禁物。
(識別失敗しても表示はないので注意)
2ラロイド敵1列を一定確率で麻痺
ブラッフィ味方1人を隠れさせ敵の標的から外す。
隠れてる間は【攻撃→奇襲】になり、与ダメージが1.5倍に。
ヴィッフィで目標集中状態のキャラには無効なので注意。
スコレク味方全員のすばやさを上げる(50%↑、最大4900%)
重ねがけ可能。
素早さは逃走率や装備解除の成功率にも関わっているので、地味に利用価値が高い。
3カラチャ敵1体を高確率で混乱。
「魔術呪文ミサーマを使いたいけど、魔術呪文は習得していない」
という時くらいしか使う事はないだろう。
オラース味方の攻撃回数を1回だけアップ。重ねがけ可能。攻撃回数は最大15回まで。
ラスコレク敵全員のすばやさを下げる(30%↓、最小-99%)
重ねがけ可能。
4マカラチャ敵1列を一定の確率で混乱
ヴィッフィ味方1人に敵の攻撃を集中させる。
高レベル侍や頑丈な召喚モンスターにかけると凄く便利。
これで目標集中してるキャラにブラッフィ(隠れる)をかけると上書き解除されてしまうので注意。
ユニハコット味方全体に「射程∞」の属性を与える。
ユニコハットとよく間違えられる不遇な魔法。
射程∞は射程Lと同義で、敵3列目には届かないため勘違いしないように。
通常攻撃のほかに【装備解除】や【盗む】などの射程も伸びる。
5ピント敵1体を高確率で魅了する。
魅了は厄介だが自軍で使うと微妙すぎるため、敵専用呪文に近い存在。
ラポールフィ味方全員の呪文抵抗率を上げる。重ねがけ有効。
上昇率は一度につき 現在値の1.5倍、最大100%。
鍛治錬金で呪文抵抗の基礎値を67%以上にしておけば、1回で100%になるので覚えておこう。
ラミアーフ敵味方全員の、戦闘中に変化させられた能力を元に戻す。
また、魔力解放回数は0に初期化される。
ブラッフィ・ヴィッフィ・ゼオナダルなどへの主な対抗手段。
ペンデク戦闘で壊されたアイテムを元に戻す。街では使えない。
1回の使用で味方全員の全アイテムに効果あり。
戦闘中でも使えるので、装備破壊されたらすぐ使ったほうがいい。
6ラピント敵1列を一定の確率で魅了する。
ラポードス敵全員の呪文抵抗率を下げる。重ねがけ有効。
下降率は 現在値の0.7倍
これとラポールフィを1回ずつ使用し敵場合の最終補正値は
+5%の105%になる(2回ずつなら110%)ので覚えておこう。
ペンデアコット呪われたアイテムを破壊(→消滅)させて呪いを解除させる。ダンジョン内でのみ使用可能。
キャロン絡みのイベント以外で頼るハメになると大損しかねない。
7ゼオナダル虹の光で敵1体に無属性必中の攻撃。
戦闘中に発動した呪文数(魔力解放の数値)に応じて増強。
バイポートル宝箱の罠を安全確実に解除する。
罠感知の必要は無い。
プリテクトラット特別な願いを叶えるが、1度使うと忘れてしまう。ダンジョン内でしか使えないので注意。