データ/街・施設

Top / データ / 街・施設

ビステール Edit

ベルテの酒場 Edit

  • パーティ結成の場所であり、街中では唯一「まとめて鑑定」ができる場所。
    • 死亡中のキャラなどを放置することもできる。
      (死体→灰→ロスト、の悪化はしないので安心)
      だが、メンバー入れ替えで現在PTが全員行動不能状態(麻痺/石化/死亡など)になった場合、
      行動不能なメンバーはオルセス寺院へと強制搬送されてしまう。
      道場で死体忍者を使っている場合は注意。
  • 最初は善悪混合パーティは作れないが、イベント№13:サイレントシェルクリアで解禁される。
    • 混合PTが解禁orルーベンブルグ到達までは、僧侶や盗賊のように性格制限のある職業がやや扱いにくい。
      ダンジョン内合流で凌ぐか、いっそ開き直って悪PTにしてしまうといい。

ロゼッタの宿屋 Edit

  • 宿泊が可能。必要経験値を貯めてから宿泊することでLVアップできる。
    (宿泊1回で+1レベルまで)
    • 登録試験合格後に馬小屋にばかり泊まっていると、宿の経営が悪化しロゼッタが不機嫌になる。
      だが、これで経営破綻や廃業する事はなく、それがイベントの発生条件にもなってるので気にせず泊まろう。
    • DS版ではロイヤルスイート宿泊時のみLvアップ時の能力低下が発生しなくなるので
      転職・次代の書使用時の低ステータス時にうまく活用しよう。
  • 敷地内には錬金倉庫があり、PT内に錬金術師がいれば素材を用いて
    「鍛冶(鍛治錬金)」と「錬金(合成錬金)」が行える。
    なお、ここでなければ素材類の錬度は確認できない ので要注意!
    • 当初は有料(出入りの度に料金請求される、PTメンバーの最大Lvに依存?)だが、
      上記イベントクリアで以後は無料化される。
      その後はイベントクリア数で宿屋自体の大きさを上回るほどにどんどん容量が拡張されていく。
      これは周回後も継続される。
      (初期:20個 →クリア数10:30個 →クリア数15:50個 →クリア数20:99個)
      ようするに 錬金倉庫が無料化しないと倉庫は拡張されない ので、早めにクリアしたほうがいい。
      • なお、錬金倉庫をどう扱おうと爆発事故は起こらないもよう。

カーネル商店 Edit

  • 通常アイテムの売買が可能。
    売ったアイテムは店に並び、他の冒険者が売買していくことも無いため、実質的に有料倉庫としても利用可能。
    (ただし素材類は売却すると、錬度が各ランクごとのデフォルト値(5/7/10)に変更されてしまうので注意!)
    • プレイヤーによる売買以外で在庫が変動するのは、
      イベント『廃教会の気配』クリアで回復アイテム類が追加されたり、下記の書物類が追加されるくらい。
      wiz系のゲームだと「装備品はダンジョン内で現地調達」は当たり前なのだが、
      関連作品未プレイだと戸惑うかもしれないので要注意!
  • 他に以下の有料サービスもやっている。
    ・【未鑑定品の鑑定】 …1品あたり、買値の1/4
    ・【壊れた装備品の修理】 …1品あたり、買値の1/4 (なお壊れてる品でも売却価格には影響しない)
    ・【呪い装備の解除(→消滅)】 …1品あたり、買値の1/4
    もっとも冒険者ならこれらを自力解決できるため、世話になる事は少ないだろう。
    • モンスター装備に属するアイテムは、ここでは買い取ってくれない。
      イスファルドのルネア商店が解禁されるまでは、控えのキャラに持たせるなり錬金倉庫に保管するなりしよう。
      • 例外はPキャロン装備一式で、これのみどちらの店でも売却可能。
        カーネル商店だと【まとめて売る】でリストアップされないが、【取引する→売る】だと買い取ってくれる。
        ただし、実際に店頭に並ぶのはルネア商店のほうになる。
  • イベント№15:サイマール商人の友をクリアすることで以下のフラグがたつ
    • アイテム買取額アップ(登録アイテム200、350で2回発生、最大で買取額1.5倍に)
    • 武器「大ヘストリオ史」が在庫無限状態で追加(登録アイテム150?)
    • 武器「次代の書」が在庫無限状態で追加(登録アイテム400?)

オルセス寺院 Edit

  • 六柱神の一角、創命神オルセスを祭っている寺院。
    各種状態異常の治療ができる。各種金額は説明書を参照に。
    また、ビステール帰還時に呪い以外の状態異常になっているキャラは、教会に強制収用されるようになっている。
    • とはいえ、酒場での鑑定失敗で「恐怖」状態になった司教が
      街頭でいきなり強制連行された挙句に強制収用されることはないのでご安心を。
      収容中のキャラを引き取ることで
      別のPTメンバーによって回復させることもできる、という良心設計となっているので安心。
  • 全滅したパーティの回収依頼もできる。
    プレイヤーではどうにもならない強制イベント地点だろうが異空間だろうが、優秀なスタッフが回収してくれます!
    • そんな彼らも * いしのなかにいる * までは流石にフォローできないもよう。過信は禁物!
  • 流転の儀式(10万GP必要)で神具の配置を変更することができる。
    入手できない場所(石の中など)に出現してしまった神具はこれでリセットしよう。
    なお、入手済み神具への影響は無い。
    • 不吉っぽい事を言われるが、お金がかかる以外のデメリットは無い。
  • 他にも祈りを捧げることもできるが、特別な効果は無い。
    しかし後のイベント進行で利用するので覚えておこう。

ビステール城 Edit

  • まず冒険の最初に訪れる必要がある
    • 以降もキーイベントが発生
  • 各種図鑑を閲覧可能(ただしDS1版とは違い、今回はダンジョン内でも閲覧可能)
    • アイテムの登録数を増やすには一度店で売る必要があるので注意。
      イベントなどでアイテムが変化・消失する場合は、必ず事前に店に売ろう。

訓練場 Edit

  • 冒険者の登録/転職/削除ができる。
    なお、ここで削除したキャラの所持品・所持金などは全て失われてしまう ので要注意!
    (ゴミ捨て場に転送されることもない)
    • あるイベントをクリアした後はキャラクターの顔グラがいつでも変更可能になる。
      • DS版はここで全てのキャラクターを削除した後
        再び「消す」を選ぶとゲームデータの消去(フェイスロードは残る)が行える。

イスファルド Edit

アグレス広場 Edit

  • イベント用
    • 次代の書で前作から引き継ぎをしていて、かつ効果がオンになっている
      懐かしい人物によって「先代の」シリーズ装備(剣・鞭・杖・盾・鎧・衣)が強化されるイベントが起きる。

ルネア商店 Edit

  • イベント№25:私を探して下さいをクリアすることで、0.GPアイテムの売買が可能に。
    売値・買値ともに0.GPなので倉庫としての意味合いが強い。
    • なお、Pキャロン装備一式はここでの取り扱い品だが、これのみ1個あたり10.GPの有料品となっている。
      (しかも、これに限り1回の売却で在庫無限化される)

オールドエイム Edit

  • イベント用
    • ここでのイベントをこなすことで、クリア後のイベントが大きく進展する

ワイマール港 Edit

ヨーテル波止場 Edit

  • イベント用

ビレンテの店 Edit

  • 基本的にイベント用
    • ここならではの特色は「無印の魔印5種が在庫無限状態」なこと。
      カーネル商店の在庫を無限化したい際にはお世話になる。

大商長室 Edit

  • イベント用

ガンドラ鉱山 Edit

給仕場 Edit

  • イベント用
    • アル中オヤジのゲイリーとの会話を重ねると、「ルゲイエの傘」を託される。
      (現在PTが所持していない限り、何度でも入手可能)
      デビリッシュ装備不可の呪い武器とはいえ、最序盤では貴重な射程Mの有用武器。
      当面の武器はコレで凌ぐようにするのがベター。
      なお所持中は、ロゼッタの宿で有料宿泊するたびにイベントが発生する点に関しては要注意!
    • 魔傀儡コックであるトリスとの会話を重ねると、調理器具の調達を依頼される。
      それらは灼熱の古城2Fで購入できる。
  • タルミートからは錬金レシピのヒントが聞ける。

ジェラ雑貨店 Edit

  • イベント用
    • ここでは「甘食」が在庫無限で取り扱われている。
      イベント用として購入することもあるだろうが、
      複数まとめ持ちができない(1個ずつしか持てない)うえに
      アイテム効果が無い(他のお菓子は回復アイテム扱い)ので注意。

じゃんけん Edit

  • 対応しているアイテムは「甘食」、「ウェリッシュの杖」「流氷」、
    「夜露のノド飴」「ハニーメイル」、「ショートブレッド」「モンブラン」、「チョココロネ」の5パターンに分かれる。
    なお「ヘールダール饅頭」「氷イチゴ」「スウィートジンジャー」などは選択肢に挙がらず(貴重品枠なので)、
    「エアリーバイダーの肉」「エンペラーバードの卵」「ウルナの萌芽」「雪玉」「シリンモリンの足」などはNG、という妙な偏食っぷり。
    • 他に「ふんどし」「ふんどし-1」だと特殊会話が発生。
      また「ハルモニ先生の手榴弾」を所持していると、じゃんけん時に特殊な選択肢が追加される。
  • 特に法則性はないので、お菓子を大量に所持して、グー連打。
    (在庫無限化しやすい「夜露のノド飴」と「チョココロネ」を使い分けるのがいい)
    お菓子集めが面倒なら、ソフトリセット&再開で勝負。
    このようにしてタロットを集めよう。
    • 景品のタロットは溶鉱炉でもらえる「カス(刀)」を強化する際に必要。
      また図鑑登録のため、入手したら一度はカーネル商店で売っておくように。
      最高級の札は結構高額で売れるので、元手次第では金策に使えないこともない。

溶鉱炉 Edit

  • イベント用
    • 最終段階の「五光」まで強化するには、
      「みよしの」「あかよろし」「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」「梅に鶯」が各1枚ずつ、
      「芒に月」「柳に小野道風」「桐に鳳凰」が各2枚ずつ、
      「松に鶴」「桜に幕」が各3枚ずつ、合計18枚が必要になる。
      (厳密に言うと2~3枚必要なもののうち、「柳に小野道風」以外のどれかは-1枚してもいい)

セムナドク Edit

ハージラダム Edit

  • イベント用

キャロン本店 Edit

  • イベント用
    • イベント後はキャロングッズ6品が在庫無限で陳列される。
      総じて高額なわりに性能はイマイチなので、実用性はあまりない。
      一度購入・売却して図鑑登録したら用は無いだろう。
      • イベント用の試作品群は陳列されないので注意。
        図鑑登録したいなら、デビリッシュを使ってイベント中にルネア商店に売ろう。
        Pキャロン装備に限り、1回の売却で在庫は無限化される。

セムナドク大聖堂 Edit

  • 六柱神の一角、空間神セムナドクを祭っている神殿。
    ビステールのオルセス寺院と違って、治療や蘇生などのサービスは行っていないので注意。
    • ここのみの有料サービスとして、各種イベントのヒントを聞ける。
      特に№16や№65は初見での攻略が困難なので、素直にお布施を払ったほうがいい。