データ/タロット

Top / データ / タロット

タロット Edit

タロットの使い方 Edit

即時効果のタロットはプラスの効果は仲間だけ、マイナスの効果は敵だけに発動する。
状態異常系のものは、抵抗無視で100%確実に状態異常に陥ってしまう。
当然ながら、逆位置でドローしてしまった場合は対象が逆になる。

持続効果のタロットは敵あるいは味方全体(もしくは両方)に作用するものばかり。
(いわば「場に特性を与える」といった効果)
そのままでは戦闘終了まで効果は持続されるが、他の持続効果で上書きすることはできる。

正位置でドローできる確率は75%の状態から始まり、ドローするたびに5%づつ低下していくが
宿屋に泊まることで75%にリセットすることができる。また使用人の紅茶で1段階戻す事ができる。

ただし イベント戦では成功率が1%となることに注意
(武術大会&マジカルパーティー、貴重品を持つ大魔公戦では有効扱い)

効果内容 Edit

 00: 愚者 Edit

敵全員を強制的に睡眠状態にする。(即時)
ドロー失敗時は味方全員が睡眠になる。

 01: 魔術師 Edit

味方全員の攻撃魔法のダメージが2倍になる。(持続)
ドロー失敗時は敵の魔法ダメージが2倍になる。
マジカルパーティーでの記録更新に便利。

 02: 女教皇 Edit

敵全員を強制的に猛毒状態にする。(即時)
ドロー失敗時は味方全員が猛毒になる。
猛毒は自然回復しないうえに、毒ダメージは最大HPと猛毒抵抗値が影響するため、どのLv帯でも危険が付き纏う。

  • 武術大会&マジカルパーティーにおいては、毒ダメージはゼロで固定。

 03: 女帝 Edit

敵味方共に物理攻撃が不可能になる。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。
序盤は養殖稼ぎのお供に、終盤は「連撃」「つばめ返し」や首切り封じに使えるため、意外と重宝する。

 04: 皇帝 Edit

敵全員を強制的に沈黙状態にする。(即時)
ドロー失敗時は味方全員が沈黙になる。
これを使うくらいなら「05:教皇」や「06:恋人」を使ったほうがマシだろう。

 05: 教皇 Edit

敵味方共にスキルに属する行動の禁止。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。
中盤のエンテルクミスタ対策として使えなくもない。
行動順の都合上、「速攻」や「結界」封じとしては機能しづらい。

 06: 恋人 Edit

敵全員を強制的に魅了状態にする。(即時)
ドロー失敗時は味方全員が魅了になる。

 07: 戦車 Edit

味方全員のACが-10になる。(持続)
ドロー失敗時は敵全員のACが-10になる。
味方のACがVLでも、強制的にLOになってしまうので注意。
逆に敵のACが極端に低い場合にはAC上昇効果として使える。
ドロー失敗(したほう)が有効利用できる数少ないカード。

 08: 正義 Edit

敵味方共に性格が善キャラクターのダメージが2倍になる。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。

 09: 隠者 Edit

敵味方問わず、ダメージ判定の無い行動を取ったターンに制裁ダメージ。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。
霊への倍打なし物理攻撃は対象にならない。

  • 武術大会&マジカルパーティーにおいては、制裁ダメージはお互いゼロで固定。

 10: 運命の車輪 Edit

敵味方共に素早さに関係なく行動順がランダムになる。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。

 11: 力 Edit

味方全員の物理攻撃のダメージが2倍になる。(持続)
ドロー失敗時は敵の物理攻撃ダメージが2倍になる。
武術大会での記録更新に便利。

 12: 吊るされた男 Edit

敵味方全体のバッドステータスの回避判定が消滅する。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。
(運命のダイスで確認すると、特殊抵抗の判定そのものが無くなってる事がわかる)
すなわち 呪文抵抗や属性防御などで攻撃を無効化できない場合、必ず状態異常が発動するようになる。
発動率1%以上の即死ブレスと組み合わせると、実にえげつない相乗効果が発揮される。

 13: 死神 Edit

ランダムで敵の誰か1人が必ず死亡する。(即時)
ドロー失敗時は味方の誰かが死亡する。

 14: 節制 Edit

敵味方共に性格が中立キャラクターのダメージが2倍になる。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。

 15: 悪魔 Edit

敵味方共に性格が悪キャラクターのダメージが2倍になる。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。

 16: 塔 Edit

敵全員を強制的に混乱状態にする。(即時)
ドロー失敗時は味方全員が混乱状態になる。

 17: 星 Edit

味方全員に物理攻撃必中の効果を与える。(持続)
ドロー失敗時は敵全員に必中効果が与えられる。
しかし敵味方とも「つばめ返し」は普通に発動するし、「隠れる」状態の相手を攻撃目標にすることもできない。
使い勝手はかなり微妙。

 18: 月 Edit

敵全員が1/2の確率で逃走する。(即時)
ドロー失敗時は味方全員が1/2の確率で逃走する。
自分で使うと無意味に近く、敵に使われると非常に厄介な効果。

 19: 太陽 Edit

味方全員の体力が全快する。(即時)
ドロー失敗時は敵全員が全快する。
こちらから敵を回復させる手段はこれだけなので、連撃契約時に重宝する。

 20: 審判 Edit

敵味方全員のHPを1にし、そのターンを強制終了する。(即時)
ドロー失敗時は何も起こらない。
敵味方問わず高レベルキャラクターはHP減少の影響を受けないことが報告されている
条件の詳細は未検証。

 21: 世界 Edit

敵味方全員の防御耐性の消失。(持続)
ドロー失敗時は何も起こらない。
消失するのは呪文抵抗(召喚抵抗は除く)、属性防御、特殊抵抗などすべて。
フェニックスを焼いたり、アンデットを即死させたり出来るようになる。
ただし「12:吊るされた男」と違って判定の自動成功はないので、発動判定が失敗すれば状態異常は不発に終わる。
代わりに呪文抵抗・属性防御が100%以上でも通るようになる……が、イベント戦では使えないのでイマイチ。
攻撃呪文のダメージは一切軽減できず、100%ダメージ素通しになるので注意。