ストーリー

Top / ストーリー

美しきフィーナス・ラーデ。
大地の女神「フィオナ」と「八つの神具」の祭られた、
「聖礎コントラキオ」を有す、加護の大地。

繁栄のビステール。
フィオナの神官、女王「ラグナスティア」の治める城塞都市。

人々が平和に暮らす安住の楽園。
しかし、ある日、女王の夢にフィオナが現れる。

聖礎コントラキオに現れた太古の邪霊、
侵食されるフィーナス・ラーデ。

霧散する八つの神具と女神の証・・・

女王はその内容に戦慄を覚える。
そして、夢に呼応するように、数を増す闇の眷属たち。
各地に異変が起こり始める。

「このままでは・・・」

女王の疑念は、確信へと変わる。

聖礎コントラキオに何度も軍を送るが、兵は戻らない。
得られたものは不安、広がるのは噂。

しかし、ある日、半死半生の兵がたった一人、
ビステールに帰還する。

そして、恐れていたことが現実となる。

「コントラキオに・・・、
コントラキオにフィオナ様の名前が無い・・・」

それはフィーナス・ラーデ終焉の告知。

大地は邪霊に奪われ、世界は闇に覆われる。

「八つの神具・・・」
ふと、女王の口をついて出る救世の言葉。
それは、王家に伝わる古い言い伝え。
・・・聖礎に名を刻むのならば、
八つの神具を集めなければならない・・・

女王は決断する。

「民よ、軍よ、冒険者よ、八つの神具を集めなさい。
聖礎コントラキオに再び女神の名を刻むのです。
さすれば、その者の願いの全てを叶えましょう。」

それは、優しき女王の、僅かな希望。

そしてビステールの城門は開かれる。
様々な思惑を抱き、重々しい音とともに・・・