ゆっくり実況動画の備忘録

ゆっくり実況付きの動画作成についてメモ

全般的に参考になるサイト

大まかな手順


1.Youtubeに動画ファイルをアップ

動画を直接PCに保存する形式ならこの工程は不要

PS4でshare機能を利用すれば、そのままyoutubeに動画をアップしてくれる。
この時点では何もない動画(ゆっくり実況や字幕がない動画)


2.Youtubeより動画をダウンロード

動画を直接PCに保存する形式ならこの工程は不要

youtubeにログインし、クリエイターツールより動画をMP4でダウンロードする。


3.動画の形式を変換(AVI形式にする)

ゆっくりMovieMaker」で動画を加工するためには、動画をAVI形式に変換する
(AVI形式でないと読み込んでくれない。)
(動画を直接PCに保存する形式なら、最初からAVIで保存。)

動画変換用ソフトはいくつかあるが私は「Freemake Video Converter」を利用している。

「Freemake Video Converter」での操作

  1. 上段の「ビデオ」ボタン → 変換したい動画ファイルを選択。
  2. 下段の「AVI」ボタン → 変換を実行して終了。


4.ゆっくりMovieMakerでゆっくり実況や字幕を追加

ゆっくりMovieMakerで動画を読み込み、
ゆっくり実況や字幕・エフェクト等を追加する。


5.AviUtlで動画の加工

「ゆっくりMovieMaker」だけではできない加工を行う。

タイマー追加

レイヤーを選択し、「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」
所定のスクリプト(プログラム文みたいなやつ)を貼り付ける。

短時間のタイマーなら

<?a=0 b=1 ot=(obj.time+a)*b mes(string.format("%02d:%02d.%02d",((ot/60)%60),(ot%60),(ot*100)%100))?>

6.AviUtlで動画の形式を変換(MP4形式にする)

Youtubeにアップロードする場合は、再度MP4形式にする必要がある。
またAviUtlで変換することで動画サイズを大幅に圧縮できる

コメント


認証コード1822

コメントは管理者の承認後に表示されます。